ゲーム・オブ・スローンズ

写真拡大

今や飛ぶ鳥を落とす勢いでファンタジードラマ界を席巻中のHBO『ゲーム・オブ・スローンズ』が、その人気のほどを残念な形で証明した。本シリーズが、違法ダウンロードされたTVシリーズの第1位に輝いたのである。同作にとっては2度目の栄冠(?)だ。

【関連特集】【ネタばれ注意】『ゲーム・オブ・スローンズ』ジャンケット・レポート

TorrentFreakによると今春、放送された『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3の違法ダウンロード件数は520万件、続く第2位は『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の290万件、第3位は『ママと恋に落ちるまで』で285万件、第4位は『ウォーキング・デッド』の270万件、そして第5位は話題の新作『Hannibal』で210万件となっている。

同サイトが昨年末に発表した"2012年に最も違法ダウンロードされたTVシリーズ"では『ゲーム・オブ・スローンズ』と『デクスター 〜警察官は殺人鬼』がトップに輝いていた。そのほとんどがアメリカ以外の国からのアクセスによるもので、"見たくても見られない"ことが一因となっている可能性もあるという。最近では、アメリカ国外との時間差も縮まってきており、TVシリーズの違法ダウンロード件数は減少傾向にあるのだとか。

この結果を受けHBOのマイケル・ランバルド氏は「こんなことを言ってはいけないが、ある意味では喜ばしいことだ。需要があるということ。それにDVD販売数にも影響を及ぼしていない。成功した番組にはつきものだよ」とコメントしている。確かに上位に入ったシリーズはどれも大人気作。真の意味(?)での人気投票の結果と言えるかもしれない。

本国と同じ早さで番組を追いたい! という気持ちは理解できるが...やはり違法ダウンロードはNG。合法的に安心して楽しんでほしいものだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4の製作が早くも決定!
『ウォーキング・デッド』シーズン3最終話と、『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3初回が視聴者数の記録を更新!
『ゲーム・オブ・スローンズ』『ブレイキング・バッド』が第3回批評家協会TV賞を受賞!