「フルハウス」に出演していたジョディ・スウィーティン (c)Hollywood News

写真拡大

米テレビドラマ「フルハウス」で次女のステファニーを演じたジョディ・スウィーティンが現地時間24日、夫でDJのモーティ・コイルとの離婚を申請した。

2012年3月にジョディはモーティと結婚したが、今月24日にロサンゼルスにて離婚を申請したとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。2人の間には2歳の娘ベアトリックスちゃんがいる。

離婚の原因は「和解し難い不和」だそうで、ジョディは娘の親権を要求しているほか、トヨタ製の車とデパートチェーン店「Kohl’s」のカードの残高200ドル(約1万9000円)の折半を求めているという。

ジョディにとって今回は3度目の離婚。2人目の夫で映画製作者のコーディ・ハーピンとの間に娘を出産している。

ジョディは、薬物依存症を克服し、近年は落ち着いた生活を送っていたようだが、夫婦生活は上手くいかなかったようだ。【馬場 かんな】