おめでとうございます!写真:ロイター/アフロ

写真拡大

「スター・ウォーズ」シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスが6月22日、婚約者メロディ・ホブソンさんと、米カリフォルニア州マリンカウンティのスカイウォーカーランチで挙式した。

44歳のメロディさんは、ドリームワークス・アニメーションの会長、シカゴの大手投資信託会社Ariel Investmentsの社長、化粧品会社エスティ・ローダーやコーヒーチェーンのスターバックスの取締役などを務めるビジネスウーマン。68歳のルーカスとは2006年から交際しており、今年1月に婚約を発表した。メロディさんは初婚、ルーカスにとっては2度目の結婚となる。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、結婚式ではルーカスの3人の養子、娘アマンダとケイティが花嫁介添人を、息子ジェットが花婿介添人を務めたようだ。また、スティーブン・スピルバーグ監督が乾杯の祝辞を述べ、フランシス・フォード・コッポラ監督はマヤ・アンジェロウの詩を朗読した。

ほかにも、ロン・ハワード監督やジェフリー・カッツェンバーグが出席。ミュージシャンのバン・モリソン、ジャネル・モネイがパフォーマンスを披露した。

■関連記事
ジョージ・ルーカス婚約 25歳年下のドリームワークスアニメ会長と
ジョージ・ルーカス、自らの引退構想を告白
新「スター・ウォーズ」にオリジナルキャスト3人復帰!ルーカスが明言
フランシス・F・コッポラ監督、新作はイタリア系アメリカ人家族の大河ドラマ
スピルバーグ、ハリウッドの映画ビジネス崩壊を予言