史上最も美しいウルトラマン、高解像度のフルHD映像収めたブルーレイ。

写真拡大

1966年テレビ界に颯爽と現れて以降、現在に至るまで多くのファンに愛されている「ウルトラマン」。そんな同作史上“最も美しい”映像を収めたブルーレイBOXが、7月10日に発売される。

巨大変身ヒーローの原点であり、「空想特撮シリーズ」として円谷プロが制作した「ウルトラQ」に続く第2弾の「ウルトラマン」。2011年にリリースされた「ウルトラQ」HDリマスターに続き、「ウルトラマン」も新たにオリジナルのネガから高解像度のフルHD映像となり、同時にサウンドも2013 Remix Stereoで、ブルーレイBOXとして発売される運びとなった。

7月10日に発売されるのは、第1話から第13話までを収めた「BOX I」で、以降、10月25日に「BOX II」、2014年1月29日に「BOX III」を発売予定。価格は各18,900円(税込み)だ。

「BOX I」の収録内容は、405分(本編ディスク:329分+特典ディスク:76分で、封入特典として、HD Remaster2.0の潜在パワーを引き出す徹底活用ガイド仕様の解説書、ポストカード、特典DVDが付属する。

映像特典は「ウルトラマン誕生 ウルトラマン前夜祭」(「ウルトラマン」第1話放送の一週間前となる1966年7月10日に放送され、ウルトラマンがお茶の間に初登場となった貴重なイベント情報番組)、「ウルトラマン」HDリマスター版完全放送スペシャルトークコーナー(飯島敏宏×遠藤秀紀/満田かずほ[※]×山本弘/黒部進×クリス・ペプラー/古谷敏×樋口真嗣 [※]かずほは「禾」へんに「斉」)、5.1ch版 ウルトラマン HD Remaster2.0プロモーション映像。