「シカゴ・ブルズ」黄金期の超人気選手スコッティ・ピッペン、マリブで男性に暴行か。

写真拡大

「シカゴ・ブルズ」の黄金時代に大活躍というNBA界の超人気選手だったスコッティ・ピッペン(Scottie Pippen=47)。このほどある男性に対し、殴る蹴るの暴行を加えたとして取り調べを受けている。

「シカゴ・ブルズ」ではスモールフォワードとして、あのマイケル・ジョーダンと並んで大量の得点をあげたオールラウンド・プレーヤーのスコッティ・ピッペン。1990年代に6度も優勝というチームの黄金期をけん引したNBAの元超人気選手である。

身長203cm、大きな手のピッペンが米国の23日、カリフォルニア州マリブでひとりの男性に殴る蹴るの暴行を加えたとして、通報を受けた警察官と救急車が現場に出動。男性は頭部と背中を痛め歯も数本折れたもようで、ストレッチャーに固定されて病院へ搬送となった。

現場はマリブの有名ジャパニーズ・レストラン「Nobu」の外。その男性はピッペンが出てきたところで彼に近づいてサインをねだり、その後ピッペンに顔面を殴られ、地面にうずくまったところでさらに執拗に蹴られたという。現場ではマリブ署の警察官から何点か質問を受けたピッペンであったが、その場で逮捕されることはなく、24日に改めて取り調べが行われたようだ。

よくある“無断撮影”をされてカッとなったというのとも違うこの傷害事件。大変な人気を誇るトッププレーヤーであったかつての自分を憶えていてくれたファンに対しては、普通は「憶えていてくれて嬉しいよ」となるはずであり、双方の言い分に食い違いがないのかにも注目してみたい。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)