ジョニー・デップとハリウッドに殿堂入りしたジェリー・ブラッカイマー氏 (c)Hollywood News

写真拡大

映画プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が現地時間24日、ハリウッド通りに多くの著名人の名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りした。

「ウォーク・オブ・フェーム」は有名な観光地で、ハリウッドで活躍してきた人々の名前が星形のプレートに刻まれている。

ブラッカイマー氏のプロデュース作品『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『ローン・レンジャー』(8月2日日本公開)の俳優のジョニー・デップ、さらにブラッカイマー氏のプロデュース作品『トップガン』(86)の俳優のトム・クルーズらが式典にかけつけ、彼の栄光を祝福した。

ブラッカイマー氏は「信じられないくらい光栄だ」と語り、ジョニーは「ジェリーなしでは、『パイレーツ』はなかったし、ジャック船長もいなかった」「ジェリーなしでは、『ローン・レンジャー』はなかったし、トントが再び現れることもなかった。だから、彼には本当に感謝しているよ」と話している。

そのほかにも映画『お買いもの中毒な私!』(09)の女優のアイラ・フィッシャーも式典に参加している。

ブラッカイマー氏は今後もハリウッドのトップ俳優たちと素晴らしい映画を作っていくだろう。【馬場 かんな】