宮崎駿監督「初めて自分の作品で泣いた」、庵野秀明「宮さんは大人になった」-最新作『風立ちぬ』完成

写真拡大

宮崎駿監督のスタジオジブリ最新作で、7月20日に公開が予定されているアニメーション映画『風立ちぬ』の完成披露会見が24日、東京・スタジオジブリで開催され、宮崎駿監督、主人公・堀越二郎の声優を務めた映画監督の庵野秀明氏、主題歌「ひこうき雲」を歌う松任谷由実が登壇した。

『風立ちぬ』は、第二次世界大戦で運用された戦闘機・零戦の設計士として知られる実在の人物・堀越二郎と、同時代に生きた文学者堀辰雄の二人をモデルにして生まれた主人公・二郎の半生を描く宮崎監督最新作である。

宮崎監督作品としては『崖の上のポニョ』以来、5年ぶりとなる本作だが、宮崎監督は「5年ぶりではなく、5年かかったんです」と強調。完成した作品を見たときには思わず涙を流したといい、「(自分の作品で泣くことは)情けないですね。本当にみっともないことですよ」と話している。

そんな『風立ちぬ』で、主人公・二郎の声優に抜てきされたのが庵野氏である。庵野氏は『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる映画監督で、かつては『風の谷のナウシカ』の製作に関わった経験を持っている。宮崎監督とは、いわば師弟のような関係だ。

今回の声優起用について庵野氏は、「マイクの前で絵に合わせてアフレコをしたらあきらめるだろうと思ったら、宮さんは『それがいい、やって』と言う。あんな笑顔でニコニコしながら腰を叩かれたら断れませんよ」と苦笑い。「役者ではないので、役を作るのは無理でした。自分の経験を思い出しながら、自分だったらこうかなとか、マイクの前で思い出しながらやりました。ラブシーンは特に恥ずかしかったですね。次回作? もうけっこうです(笑)。自分の声を聞くのが嫌いなんですよ」と照れくさそうな表情を見せていた。

一方で宮崎監督は、庵野氏のアフレコに大満足と述べ、「庵野は現在、傷つきながら生きている。それが声にも出ていた。初日は声がなかなか出なかったけど、やっている間にどんどんよくなって、二郎を演じるのではなく二郎そのものになっていった」と絶賛。「何十年もアテレコの世界が続いていて、こういうものだというルーティーンができている。それを壊すのではなく、違うアプローチがないものかと思ったときに鈴木さん(鈴木プロデューサー)と僕で困り果てた末に出てきたのが庵野の名前だった」と起用のきっかけを明かした。

本作の主題歌「ひこうき雲」を歌う松任谷にとって、スタジオジブリ作品への楽曲提供は、1989年の『魔女の宅急便』以来となる。鈴木プロデューサーとの公開トークイベントの最中に楽曲提供のオファーをもらったという松任谷は、「『ひこうき雲』という歌を作ったのは高校生のときだったのですが、40年の時を経てすてきな作品に参加できてうれしかったです。当時の自分に言ってあげたいですね」とにっこり。

これに宮崎監督は「プロデューサー室で鈴木さんと喋っていたら、突然『ひこうき雲』をかけられて、そのとき絵コンテの最中で追い詰められていたので不覚にも泣いてしまいました。それだけ力のある歌だということです」とコメントした。

本作『風立ちぬ』は、零戦の設計士である堀越二郎をモデルに、飛行機に夢をかけた男の半生を描く物語である。実在の人物をモチーフにしたのは初めてだという宮崎監督は、「いろんな堀越二郎像があるんですが、飛行機や零戦を好きだという人間が好き勝手言って私物化している。僕はどこかで本当の堀越二郎は違うんだと思っていて、この作品で堀越二郎を取り戻した気がします。もちろん本作の堀越二郎も堀辰雄と混ざっていて妄想が生み出したキャラクターなので実像とは違うけど、精神においてはこれが堀越二郎かなと思います」と堀越二郎への思いを熱く主張する。