リーボック、世界のアーティストがデザインした「シティ クラシックス」

写真拡大

リーボックジャパンは、「Classic Leather(クラシック レザー)」の発売30周年を記念し、グラフィティアートのパイオニアであるSTASH(スタッシュ)とデザインコラボレーションをした「Classic Leather(クラシック レザー)」の復刻版「City Classics(シティ クラシックス)」を、計13モデル展開する。

「City Classics(シティ クラシックス)」は、STASHとSTASH自らが選んだ世界各都市を代表する12人のグラフィティアーティストがデザインしたモデル。それぞれ、各都市を象徴する雰囲気やスタイル、趣のある作品で「Classic Leather(クラシック レザー)」のボディを作り上げている。

グラフィックアーティストは、STASH(ニューヨーク)、Wane(ニューヨーク)、Eklips(ロサンゼルス)、Pose(シカゴ)、Mad(フィラデルフィア)、Tati(マイアミ)、Totem(アトランタ)、DA Flow(メキシコシティ)、Sick Systems(モスクワ)、Rae Martini(ミラノ)、Rimo(東京)、Monster(パリ)、Swifty(ロンドン)の13人。

今回日本で発売するのは、STASH(ニューヨーク)、Wane(ニューヨーク)、Eklips(ロサンゼルス)、Rae Martini(ミラノ)、Rimo(東京)、Monster(パリ)の6モデル。Rae Martini(ミラノ)、Monster(パリ)は、リーボック クラシックラインのWomen’s定番モデル「Freestyle(フリースタイル)」のボディにデザインされている。

価格はいずれも1万2,600円。日本国内では全6モデルをリーボックオンラインショップ他、店舗限定にて7月1日から発売する。