ジェームズ・マカヴォイ主演『トランス』 (C) 2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

写真拡大

トレインスポッティング』で衝撃を、『スラムドッグ$ミリオネア』で感動を、ロンドン・オリンピックで世界を歓喜に包み込んだアカデミー賞監督ダニー・ボイルの最新作『トランス』(原題:TRANCE)が、10月に日本公開となったことが決定した。

本作は、記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り、消えた絵画を探し出すという斬新な設定、そしてその絵画をめぐって揺れ動く3人の男女をスリリングに描いたものになっている。記憶と現実がパズルのように入り組んだ展開を、独創的なストーリーテリング、そしてポップな映像と音楽で演出した、まさにダニー・ボイルの真骨頂ともいえるスタイリッシュ・サスペンスが完成した。

名画を盗みながらも記憶を失ってしまう主人公サイモン役に『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイ。その記憶を取り戻させようとするギャングのリーダーには『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル、催眠療法士に『アンストッパブル』のロザリオ・ドーソンと豪華キャストが集結。『トレインスポッティング』『シャロウ・グレイブ』の脚本を手掛けたジョン・ホッジと再びタッグを組み、映画史上かつてない衝撃と至福の結末に向けて疾走する。

『トランス』
公式サイト:trance-movie.jp
公開表記:10月 TOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテ他 全国ロードショー
コピーライト:(C) 2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
配給:20世紀フォックス映画【ハリウッドニュース編集部】