責任編集を務める元木昌彦氏

写真拡大

電子書籍サイト「eBook Japan」を運営するイーブックイニシアティブジャパン(東京・千代田区)は元木昌彦氏が責任編集を務める「e‐ノンフィクション文庫」の配信を2013年6月21日に始めた。

元木氏は創刊宣言として「ワンテーマ・ノンフィクションの創出」を掲げ、今までノンフィクションになじみのなかった若い世代にも読者層が広がることを期待している。

第1弾は、佐野眞一氏作品など5冊

元木氏は、講談社で「週刊現代」や「FRIDAY」の編集長を歴任し、市民参加型ニュースサイト「オーマイニュース」の日本版編集長、代表取締役社長を務めた。現在、J-CASTテレビウォッチで「元木昌彦の深読み週刊誌」を連載中だ。

「e‐ノンフィクション文庫」創刊にあたり、「ノンフィクションは大きな曲がり角に立っている。掲載する雑誌が次々に休刊していき、単行本は売れず、出版社もノンフィクションを育てようという気概を失いつつある。こうしたノンフィクションの閉塞状況を微力ながら少しでも打開できないかと考え、このたび、老舗電子書店『eBook Japan』から『e‐ノンフィクション文庫』を、私の責任編集で創刊することにしました」と述べている。

第1弾は『東電OL殺人事件(新潮社)』『あんぽん 孫正義伝(小学館)』などで知られるノンフィクション作家、佐野眞一氏の『<シリーズ>昭和を纏った男たち 日本マクドナルド 藤田田』、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏の『福島原発事故は収束なんかしていない』など5冊が配信された。価格はすべて105円。

また橘ジュン氏(文)とKEN氏(写真)による女子高生への聞き書きノンフィクション『VOICES−WEB版 第1号 疵』『VOICES−WEB版 第2号 ココロの居場所』が創刊記念として無料で配信された。

第2弾以降も本田靖春氏の『戦後民主主義』など1冊105円を基本にした配信を予定している。