『ローン・レンジャー』のプレミアに登場したジョニー・デップ (c)Hollywood News

写真拡大

50歳の俳優であるジョニー・デップが、『ローン・レンジャー』(8月2日日本公開)の撮影現場で共演者である26歳の俳優アーミー・ハマーの前で生きたサソリを口に入れるという“荒技”を披露したことが明らかになった。

ジョニーと共に同映画の主演を務めるアーミーは「プレイボーイ」誌のインタビューで、ジョニーが見せたある芸について語った。彼は、「あるシーンの撮影が終わった後に、僕たちは(撮影用の)サソリの調教師と話しに行った。するとこの調教師が口を開けて、そこからサソリが出て来たんだよ。僕は『オッケー、もういいよ』と言って、その場を去ろうとしたんだ。でもジョニーは『僕はトライしてみたい!』と言って、サソリを口に入れたんだよ」と話した。

ジョニーはこの調教師が見せた芸を自らやってみせたのだ。アーミーによると、サソリはかなりの大型だったようである。アーミーはジョニーについて、「ジョニーは本当の意味で、自由人であり、アーティストなんだ」と同インタビューで語っていた。

怖いもの知らずで挑戦心を持ち続けるジョニーに、アーミーはさらなる尊敬の念を抱いたにちがいない。【村井 ユーヤ】