ハンターがアラスデア・ウィリス起用 14年秋からプロダクト刷新

写真拡大

 「HUNTER(ハンター)」が、大幅な組織変更を発表した。新クリエイティブディレクターに雑誌「Wallpaper*(ウォールペーパー)」の元パブリッシッング・ディレクターAlasdhair Willis(アラスデア・ウィリス)を起用するほか、5つの主要ポストを再編。2014-15年秋冬コレクションから、新しいプロダクトディレクションを展開する。

ハンター組織変更の画像を拡大

 「HUNTER」は、2012年12月に新CEOにJames Seussを起用。これに続いて今回発表された新ポストには、全プロダクト・カテゴリーのデザインを担当するグローバル・デザイン・ディレクターに「BURBERRY PRORSUM(バーバリー プローサム)」のシニア・ウィメンウェア・デザインを務めたNiall Sloan、オンライン・ディレクターにロンドン発「REISS(リース)」のグローバルウェブサイト立ち上げに携わったDan Lumb、コマーシャル・セールス・ディレクターにFabrizio Stroppa、グローバル・コミュニケーション・ディレクターにAli Lowry、そしてチーフ・ファイナンシャルオフィサーにKen Prattがそれぞれ就任し、より強固なシニアチームを編成したという。

 新たにクリエイティブディレクターに就任するAlasdhair Willisは、デザイナーStella McCartney(ステラ・ マッカートニー)の夫としても知られており、ブランド・コンサルタント会社などを起業した経歴をもつ人物。CEOのJames SeussはAlasdhair Willisの起用について、「イギリスの歴史を誇るブランドをグローバルに進化させた彼の経験は、HUNTERを次のステージに成長させることでしょう」とコメントを発表している。