二刀流が投球に与える影響を分析

ざっくり言うと

  • 日本ハム・大谷翔平が挑んでいる投手と野手の「二刀流」について分析
  • 今季、セの先発投手は自ら安打を放った直後の回の防御率が5・48と極めて高い
  • しかし、先発投手が安打を放った試合の勝敗は23勝10敗となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング