ピクサー長編全作が全米No.1、“モンスターズ大学”も1位スタート。

写真拡大

ディズニー/ピクサーの最新作「モンスターズ・ユニバーシティ」が6月21日に全米公開され、全米オープニング興行成績で初登場1位を記録。ピクサー長編アニメーションは、全14作品が全米興行収入でNo.1を獲得する快挙を成し遂げた。

モンスターたちの夢と友情と心躍る冒険を描いた最新作「モンスターズ・ユニバーシティ」は、全米4,004スクリーンで公開。週末3日間の興行収入は8,200万ドルと、2位以下に大きな差を付け、圧倒的な成績でスタートを切った。

このオープニング成績は、「トイ・ストーリー3」(1億1030万7189ドル)に次いでピクサー・アニメーション作品歴代2位の数字で、すでに日本(7月6日公開)でも興収50億円以上のヒットが期待されている。

さらに本作が世代・性別を問わず全ての観客層を集客し、老若男女問わずA以上の評価(ボックスオフィス調べ)を獲得。これは11年間色あせることのなく「モンスターズ」シリーズのマイクとサリーが愛され続け、彼らの新しい物語への期待の高かかったにも関わらず、それを上回るクオリティを誇る作品となったことの裏付けと言えそうだ。

「モンスターズ・ユニバーシティ」では、これまで描かれることのなかった“夢”の行く末の形を鮮やかに描き、圧倒的なスケールで描かれたアクションアドベンチャー・シーンとテーマパーク的な面白さが観客を魅了。同時にピクサー・アニメーショならではの誰もが共感できる“友情”という普遍的なテーマが多くの人々に受け入れられ、幅広い観客層の獲得に繋がった。

「モンスターズ・ユニバーシティ」は7月6日(土)、2D・3D同時公開。