現役女子高生が撮影した「スーパームーン」の写真がTwitterで話題/ハート型のお月さま、なんてロマンチックなんだ!!!!!

写真拡大

6月23日の「スーパームーン」、みなさまご覧になられましたでしょうか? 今年、月が最も地球に近づいた夜、誰とどんな風に過ごされましたでしょうか?

Twitter上では、ある女子高生が投稿した「スーパームーン」の写真が話題を呼んでいます。丸くて、大きなお月さまのハズが……ありゃりゃ、ハート型になっておりますぞ! すっごく、すっごくロマンチックじゃない?

Twitterにこの写真を投稿した女子高生によると、ハート型のお月さまが撮影されたのは新潟県新潟市から長岡市に向かう高速道路。車内から「スーパームーン」を撮ったところ、偶然にもハート型になっていたんだって。

満月に雲がかかってハート型になったのか、それともカメラがブレたのかは分からないみたいなんだけど、どちらにせよミラクル!!!!! ハート型のお月さまが撮れたとき、どんな気分だったかと聞くと、「ちょっと幸せな気分になりました」とのこと。そりゃあ、そうよね。すっごく、すっごくステキだもの。

「スーパームーン」とは、月が地球に最も近づいたタイミングで満月もしくは新月の形になった月の姿、または現象のこと。最も遠くなるときと比べて、見える月の大きさは直径で約14%大きく、30%明るく見えるそう。

ちなみに今年の「スーパームーン」の夜、記者は漫画喫茶で「薔薇が似合う男性といえば南野秀一か、それとも速水真澄か」などとしきりに考えていた次第。次回、「スーパームーン」が見られるのは2014年8月11日。来年こそ……来年こそブリリアントな一夜を過ごしてみせるわよ!!!!!

(文=夢野うさぎ)