意外とかかる? 賃貸住宅を借りるために必要な費用とは……

写真拡大

はじめて賃貸住宅を借りる際、家賃を気にする方は多いとは思いますが、最初にどのくらいのお金が必要かを知っておくことも重要です。部屋を決めたのはいいが、「後からお金が足りないかも……」とならないように、“不動産・住生活”のプロに、賃貸住宅を借りる際にかかる費用の目安を教えていただきました。



Q.賃貸住宅を借りるのに、最初にどのくらいのお金が必要?

A.物件によって異なりますが、最初に、家賃の最低2カ月分程度〜最大7カ月分程度、必要と考えておきましょう。契約から入居までの間には、次のような費用を払います(費用は首都圏での目安)。

<例>・礼金(大家さんへの謝礼、戻らないお金):家賃の0カ月〜2カ月分・敷金(家賃を滞納したときや、不注意で室内や設備を損傷・破損させたときの修理費用に充てる、退去時に問題がなければほとんど戻る):家賃の0カ月〜3カ月分・保証金(礼金・敷金の代わりで特定地域の習慣):家賃の0カ月〜6カ月分・仲介手数料(物件を紹介した不動産会社に払う):家賃の0.5カ月〜1カ月分(+消費税)・入居月の日割り家賃:家賃の1日/1カ月〜1カ月分・火災保険料(補償内容で違い、掛け捨て)単身者用例:1万5,000円〜3万円程度・玄関鍵の交換費用*(鍵のタイプにより異なる):1万2,000円〜3万円程度(+消費税)

*玄関鍵の交換費用は、貸主の負担にしてもらうよう交渉可能。他、カーテンやベッド・冷蔵庫・洗濯機など、インテリア・家具・電化製品の購入費用、引っ越し費用もかかります。

喫煙者やペット飼育者に対し、敷金がプラス1カ月分になる例もあります。注意したいのは、「敷金ゼロ」の物件。敷金の代わりに、契約時に保証会社に加入する義務があることも。これは万が一、家賃を滞納したら、あなたの代わりに保証会社が大家さんに家賃を支払うシステム。この利用料(保険料)として、あなたが契約時に保証会社に家賃の半額を払います(目安)。連帯保証人がいても、加入必須のこともあります。また、保証会社の利用がなくても、退去時にクリーニング費用や一定の補修分を負担しなければならない契約もあります。

なお、このほか、駐車場や駐輪場使用料、室内や設備にトラブルが起きたときの24時間緊急通報サービス料、室内消毒代、口座振替サービス料などが必要な例もあります。合計すると家賃の1ヶ月分くらいことも。物件が気に入ったら、どんな項目がいくら必要か、金額交渉はできるかなど、早めに不動産会社に聞いておきましょう。

高田七穂(たかだ なお):不動産・住生活ライター。住まいの選び方や管理、リフォームなどを専門に執筆。モットーは「住む側や消費者の視点」。書籍に『最高のマンションを手に入れる方法』(共著)『マンションは消費税増税前に絶対買うべし!?』(いずれもエクスナレッジ)など。