初めての引っ越し! 初心者むけ荷造りのコツ

写真拡大

引っ越しをするときに時間がかかるのが荷造り。「マンガを読み始めて片づけが進まなかった」、「どの箱に何を入れたか忘れてしまった」などの経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。今回は、引っ越しでの荷造りのコツを紹介します。

■荷造りの計画をする

まずは、自分なりの荷造り計画を立てます。どの箱に何を入れるのかを先に決めてしまうのです。「衣類は2箱にする」など、大まかな計画でも構いません。どこに何を入れるのか、箱は幾つかなどを決めることで、荷造りのイメージが湧いて作業をしやすくなります。

このとき、荷造りが終わった箱を置く場所も決めておくと良いでしょう。引っ越し当日に箱を持ち出しやすくなります。また、荷造りに使う箱の数を決めておくことで、引っ越し先に持っていく量を制限できる効果も期待できます。

■捨てる作業をしてから詰める

荷造りの計画ができたら、次は捨てる作業をします。決めた箱の数と大きさを見ながら、いらないものを片付けていくのです。本であれば古本屋、服であれば古着屋などに売るのも良いですね。

なぜ捨てる作業を先にするかというと、片づけをすることで部屋の中に空間ができて、荷造りをしやすくなるからです。また、先に捨てるべきものを捨ててしまうことで、詰めるものを目で見て把握できるため、きれいに詰めやすくなる効果もあります。

■余り使わないものからしまう

いよいよ詰める作業です。荷物をダンボールに詰めるときのコツは、「余り使わないものからしまう」ことです。引っ越し後まで絶対に使わないものを最初に入れてしまいましょう。次に、使用頻度が高くないものを使い終わった順番で入れていきます。最後に、頻繁に使うものを入れましょう。この詰め方をすると、よく使うものが取り出しやすい場所に入ります。そのため、引っ越し先で荷ほどきをする時間が足りず、中途半端な状態で生活を始めることになったときにも便利でしょう。

また、入れる箱の大きさにも注意が必要です。小さい箱には重いもの、大きい箱には軽いものを入れることが大切です。

■仕上げ

荷物をダンボールに詰めたら、一箱ごとにフェルトペンなどでメモ書きをします。内容は「箱の中身」「箱が届くべき部屋」「箱番号」です。「箱の中身」は、何が入っているかを一目で分かるようにするために書きます。「箱が届くべき部屋」というのはキッチン、リビングなどです。必要な場所にダンボールが届いているだけでも、荷ほどきにかかる時間を減らせます。最後の「箱番号」というのは、箱に番号を振るという意味です。全ての箱がそろっているかを確認しやすいですし、箱が足りないときには、何が入った箱がないのかがすぐに分かります。

■ここに注意

荷物の中には、人に見られたくないものもあるでしょう。引っ越しを誰かに手伝ってもらった際に起こりやすいのが、見られたくないものを見られてしまうというハプニング。これを防ぐためにオススメなのが、見られたくないものはスーツケースの中に入れて鍵をかけておくという方法です。スーツケースなら自分以外には開けられませんし、不自然には見えません。ただし、重すぎるものは避けた方が良いでしょう。

引っ越しにかかる時間は、荷造りの方法を工夫することで縮められます。引っ越しをするときには、効率的に進める方法を見つけて活用していきたいですね。