みずほ銀行、合併準備のためATMを含むサービスを一時休止。6月29日から

写真拡大

みずほ銀行は、7月1日に予定しているみずほコーポレート銀行との合併にともなう準備のため、ATMを含むすべてのオンラインサービスを一時休止する。期間は6月29日(0時)〜7月1日(8時)まで。

休止する主なサービスは、現みずほ銀行のすべてのATM・通帳繰越機の利用のほか、現みずほ銀行のキャッシュカード・カードローンカードによるすべてのコンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)、すべての提携金融機関などのATMの利用となる。

また、日本時間6月28日(23時55分)〜7月1日(8時)までは、みずほインターナショナルキャッシュカード(貯蓄預金型)による海外ATMの利用も休止。みずほダイレクト(インターネット/モバイル/テレホンバンキング)や、現みずほ銀行のキャッシュカードによるデビットカードサービス、宝くじラッキーラインの利用もできなくなる。

休止するサービスについての詳細は、同社公式ホームページを参照のこと。