写真は今月8日、主演作の舞台あいさつに登場した星野源

写真拡大

 ミュージシャン・俳優の星野源が24日、オフィシャルサイトで療養のために再び一時活動休止することを発表した。


 所属事務所によると、星野は定期検査の結果で、昨年末、成功した手術箇所が万全の状態ではなくなってきていることが判明。現在は通常の生活を送っているが、経過観察と新たな措置が必要との診断が出ており、再発防止の治療に専念するため当面の活動を控えるという。


 星野は昨年末にくも膜下出血を患い、約2か月ほどの休養を経て今年2月末に復帰。その後は、声優を務めた映画『聖☆おにいさん』や初主演映画『箱入り息子の恋』の舞台あいさつなどで元気な姿を見せていた。本日出席を予定していた同作のトークイベントも急きょ欠席することになった。(編集部・中山雄一朗)