”新たな仏像の世界”の魅力を凝縮した書籍『仏像フィギュアのすゝめ』発売

写真拡大

仏像フィギュアを中心に”新たな仏像の世界”を一冊に凝縮した書籍『仏像フィギュアのすゝめ』が、6月29日にホビージャパンより発売される。

本書では、仏像アクションフィギュア「リボルテックタケヤ」(海洋堂)と、仏像の魅力をインテリアとして提供する「イSム」(MORITA)の作品を中心に新たな仏像の世界を紹介し、その造形はもちろん、仏像の世界についての基礎的知識を解説。

解説は、仏像関係の書籍を多数手がけ、実績のある田中ひろみ(奈良市観光大使)が担当。さらに、大の仏像好きで知られ「国宝阿修羅展」を記念してスタートした「阿修羅ファンクラブ」の会長でもある、みうらじゅんと田中の対談も収められ、広く深く仏像フィギュアの魅力に迫っていく。「仏像って何?」といった初心者向きの解説や田中ひろみのイラスト&コラムによる仏像豆知識、みうらじゅん×田中ひろみ「仏像フィギュア」対談なども収録している。

価格は1,800円。なお、6月26日には『ホビージャパン』公式サイト内に『仏像フィギュアのすゝめ』 情報ページもオープンする予定だという。