1年9か月の服役を経て今年3月に仮釈放になった元ライブドア社長の堀江貴文氏。堀江氏はかねて「仕事は与えられるものではなく、自分で作るものだ」と語っているが、その一歩を踏み出すには何が必要なのか。堀江氏に聞いた。

──日本の教育では、協調すれば評価があがるなど、他人とぶつかることを避けようとする。あなたもそうした教育を受けて育ったはずだが、なぜベンチャー起業家になれたのか。

堀江:僕はもともと人に合わせてつまらないと思うことをするのが我慢できない人間だったから、正直言うと、そうしてる人たちの気持ちはわからないんです。僕自身は楽しいことをやりたいという思いが強いから、普通の人たちが「リスク」と言うことをリスクと感じないんですよ。

 ネットで論争になった「乙武さん車椅子騒動」をご存じですか? 乙武洋匡氏がレストランで車椅子での入店を断わられた問題ですが、ネットでは店への批判の一方で、店名まで明かして批判した乙武氏がひどいとか、店側は路上に車椅子を放置することを懸念したのだといった意見も出ています。

 それぞれ考え方はあるでしょうが、僕はシンプルに、入れてあげれば良かったと思うんです。店はいろいろな「リスク」を考えて入店を断わったようですが、レストランというビジネスをしているのなら、まず「来てくれた客を喜ばせたい」という考えに立つのが当然でしょう。問題が起きたらその時に対処方法を考えればいい。リスクを考えることが仕事じゃなくて、客においしい食事を提供することが仕事であるべきです。

──日本のサービス業では、マニュアルに書いてある通りに対応するのが正しいサービスで、自分で考えて行動することを許さない職場もある。そういう企業文化のなかで、サービスマン自身が「リスク」を避けることばかりに腐心するのかもしれない。

堀江:つまらない! それでは仕事をしてもつまらないでしょう。何でもリスクばかり考えるとつまらない仕事しかできなくなります。ではなぜリスクを考えるか。暇だからですよ。もっと自分がやりたいこと、楽しいと思うことを全力でやっていれば、リスクを考える余裕もないし、ましてパズドラ(※大ブームになっている携帯用のネットゲーム)やってる暇なんかないと思いますけどね。僕はとてもパズドラをやる時間は見つかりません。

 僕は会社で多くの社員を雇っていましたが、社員につまらない仕事をさせない、リスクばかり考えて腰を引かせないようにする一つのコツは、とにかく息をつかせる間もなく仕事を投げることです。こんなことをやる、あれを来週までに何とかしろ、と目標を与えてその成果を求めれば、リスクを避けることばかり考える暇なんかありません。

※SAPIO2013年7月号