シブヤ109が岩手県釜石に限定出店 地元中高生が商品開発

写真拡大

 東急モールズデベロップメントが、岩手県釜石市と共同で「SHIBUYA109KAMAISHI(渋谷109釜石)」を出店する。市内在住の女子中学生から届いた1通の手紙をきっかけに実現したプロジェクトで、8月16日から18日までの3日間にわたりポップアップショップを展開。「SHIBUYA109」の人気商品をはじめ、地元女子中学生とコラボレーションした商品の販売や、ファッションショーなどが予定されている。

マルキュー岩手釜石に限定出店の画像を拡大

 女子中学生から東急モールズデベロップメントに届いた手紙には、「釜石市が復興に向け前進していく中で、市の活性化につながるイベントを SHIBUYA109とコラボレーション して企画したい。洋服をデザインしたりその服を売ったりして釜石に人を集めることができれば」という思いが綴られていたという。手紙に共感した同社と釜石市はJR釜石駅前の商業施設「シープラザ釜石」に「SHIBUYA109KAMAISHI」を限定出店し、「SHIBUYA109」の人気ブランドを集積する他、地元中高生をゲストに招いた完全招待制のファッションショーを開催する予定だ。

 コラボレーション商品の開発に向け、5月には釜石市内の女子中学生とともにファッションデザインワークショップを開催。今後は実際にマルキュー系ブランドのデザイナーと商品についての打ち合わせやサンプルチェック、ファッションショーに向けた準備やコラボレーション商品の販売業務を経験してもらうなど、プロジェクトを学生たちの職業体験の場としても位置付けていく。

■SHIBUYA109KAMAISHI
 期間:2013年8月16日(金)、17日(土)、18日(日)※3日間
 場所:岩手県釜石市鈴子町22-1「シープラザ釜石」内