KIGI渡邊良重のブランド「カクマ」ほぼ日からデビュー

写真拡大

 アートディレクター「KIGI(キギ)」の渡邊良重がウィメンズブランド「CACUMA(カクマ)」を立ち上げた。6月20日よりほぼ日刊イトイ新聞のHPを通じて数量限定で販売を開始。発売からわずか3日で一部アイテムが完売するなど、好調なスタートを切っている。

KIGIデザイナーがブランド立ち上げの画像を拡大

 渡邊良重は、1999年から植原亮輔とともにプロダクトデザイン・プロジェクト「D-BROS(ディーブロス)」を展開。2012年には、植原亮輔と共にキギを設立した。現在はリサイクルショップ「PASS THE BATON(パス ザ バトン)」やワコールの下着ブランド「une nana cool (ウンナナクール)」など、企業やファッションブランド、セレクトショップのアートディレクションなどを共同で手がけている。

 新ブランドの「CACUMA」というブランド名は、渡邊良重がデザイナーになるきっかけをつくった祖父の名前「覚馬」から名付けられた。ブランドイメージは「KIGI」の植原亮輔とともに、ブランドの方向性は糸井重里はじめほぼ日刊イトイ新聞とともに考えていくという。デビューコレクションはオリジナルの色に染め上げたピンクとブルーをキーカラーに、刺繍やフリル、渡邊が描いた鮮やかなグラフィックプリントを用いたブラウスやワンピース、スカートなど全9型を発表。渡邊良重はHPを通じて「わたしが描く絵を活かしたわたしらしい服、わたしにとって無理のない服を継続してつくっていきたいと思っています」と綴っている。

■CACUMA
URL:http://www.1101.com/store/cacuma/index.html