ハートの強いアーロン・カーター (c)Hollywood News

写真拡大

歌手のアーロン・カーターが、4人の男に暴行されたことが分かった。

アーロンはゴシップサイト「TMZ」に、現地時間22日の夜、友人とディナーをした後に大きな男に駐車場で声をかけられたと明かした。その男は「明日ここでおまえがショーをするって聞いたよ。ここはニュー・キッズの街だ」と叫んだという。ボストンはアメリカのグループ「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」の出身地である。

そして、ほかの3人の男がジャンプして、殴りかかってきたというのだ。アーロン自身も殴り返したという。彼は「指の関節がたぶん折れていると思うよ」「人々は僕が小さな白人の男の子だと思っていると思うけど、そんなことはない。きっと勝てたと思う。だって、まだ立っているから」とコメントした。彼は予定通りパフォーマンスはすると明かし、警察にも報告しないと話している。理由は女の子っぽいからだそうだ。

アーロンは殴られて、目の周りが黒くなってしまった自身の顔とあざのできた手の写真を写真共有サイト「インスタグラム」にアップしている。

かなり災難な目にあったアーロンであるが、彼のハートの強さには感心である。【馬場 かんな】