■ボーナスは使わずに残しなさい!ばかりではつまらない

そろそろボーナスの季節です。早いところはもう支給されていますし、遅いところでも7月には支払われることでしょう。新聞社の調査などを見る限り、今年のボーナスは増えそうという声が高まっているようです。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

ファイナンシャル・プランナーとしては、「ボーナスはムダづかいせず貯めておきましょう」というのが一番堅実なアドバイスなのですが、私自身が買い物大好きなFPですし(iPadとか即買いした)、買い物するのもボーナスの大きな楽しみだと考えています。

そこで、「あえて、使う!」「だが、ムダにはしない!」という買い物術を考えてみたいと思います。

■夏ボーナスで「これ」を買え!

◎(これは買い!)壊れかけ白物家電を一気に買い替える

洗濯機や冷蔵庫、クーラーに掃除機といった白物家電について、もし10年選手がいたら、引退を考えてもらうのもいいでしょう。というのも、白物家電の省エネ化は技術革新が進んでおり、単に買い換えただけで大幅な省エネが実現するからです。機種や発売時期にもよりますが10年で20〜40%の省エネを実現しているものも珍しくありません。

家電量販店で説明を聞いてみれば、「買い換えで年間2500円は節約ができそう」とかたくさんの情報が手に入ります。壊れかけの10年もの家電を修理に出しても保証期間は過ぎており、けっこう修理代は高くつきます。省エネ効果などを考えて「あえて買い替え」も選択肢です。

ボーナス時に買い替えを行うことで、買い替えを分割払いにせずにすみます。金利を払って将来にツケを回すことはFP的にもおススメできません。ボーナスが手元にあるうちに、白物家電の見直しをしてみましょう。



◎(これは買い!)スピーカーのグレードアップ

液晶テレビとフルハイビジョンの普及で画質は一気に高度化したものの、追いついていない部分が「音」です。ボーナスで、部屋の何かをひとつグレードアップしようと考えるなら、スピーカーのグレードアップをおススメします。

テレビやパソコンの標準のスピーカーではなく、専用のスピーカーを追加することで、一気に音質が変わことに驚くはずです。特に映画や海外ドラマで効果が大きく、感動に値します。何十万円もかける必要はなく、2〜5万円でも十分違いが出るので家電量販店に行って聴き比べしてみるといいでしょう。

特にテレビについては1つのスピーカーでバーチャルサラウンド機能がついているようなものがあって、個人的にはおススメです。設置もシンプルで高音質を手に入れられる分、コスパも部屋の見栄えもいいと思いますよ。

◎(これは買い!)ヘッドフォンのグレードアップ

iPhoneやiPad、スマホやウォークマンで移動中に音楽を聴く人の多くが、標準のヘッドフォンを利用しているでしょう。あるいは5千円程度のヘッドフォンをカジュアルに使っている人が多いのではないでしょうか。

毎日の往復で2時間聞くとしたら、1年間では500時間くらいにもなる音楽環境です。ここをあえて数万円投じてみると、一気に音質が良くなり、満足も高まります。

オーバーヘッド型で大きな耳あてになっているものもいいですが、カナル型のように耳に押し込むものでも高音質なものはたくさんあります。

ノイズキャンセリング機能もおススメです。特に電車内で使用すると、雑音が大きく減るため、ボリュームを下げても音楽がくっきりと聞こえるようになります。1年間(通勤日を250日と仮定)、通勤ストレスを緩和し気持ちよく音楽を楽しめるなら、3万円のヘッドフォンも1日あたり120円のコストです。コスパも悪くないのでは。


◎(これは買い!)Bluetoothでワイヤレス化

部屋をオシャレできれいにするために邪魔になるのが「ケーブル」です。もし、Bluetooth機能を使いこなしていないなら、ぜひワイヤレス化をしてみては。車に乗る人は、Bluetooth対応のヘッドセットで運転中に通話できるようにしているでしょうが、Bluetoothはいろんなものをワイヤレスできる機能です。

たとえば、Bluetooth対応のヘッドフォンがあれば、スマホとケーブルをつながくてもすみ、鞄の中でケーブルがごちゃごちゃにならずにすみます。あるいは、Bluetooth対応スピーカーを部屋に置けば、室内でいつでもワイヤレスで音楽が聴けるようになります。パソコン環境でも、Bluetoothキーボードやマウスがあると、電源オフ時にパソコン回りがすっきりできて快適です。

ほとんどのスマホ(もちろんiPhoneも)はBluetooth対応済みなので、受信機側の準備をするだけで、いつでもワイヤレス化を楽しめます。こちらは1万円前後ですむことがほとんどなので、簡単にワイヤレス生活はスタートできますよ。



◎(これは買い!)nasneを買って、テレビ番組は移動中に見る

SONYが販売しているnasne、あるいはHDDレコーダーは、いまや「録画番組を持ち出す」機能が追加され、ますます便利になっています。買い替えの際には「持ち出し」がキーワードです。特にコスパを考えればnasneをおススメします。nasneは家庭内LANに接続し、パソコンやスマホ、タブレットから録画予約し、視聴もネットワーク経由で行う端末です(なぜかゲーム機売り場におかれていることが多い)。

nasneは発売後のバージョンアップにより、おでかけ転送(録画番組の持ち出し機能)が充実しています。ソニー製スマホはもちろん、iPhoneやAndroidスマホのほとんどすべて、iPadやAndroidタブレットのほとんどすべて、PSPやPSP VITAといったゲーム機に録画番組をコピーし、外出先で視聴できるようになっているのです。

筆者はPlayStation VITA をアニメ消化専用端末として持ち歩いています。電車の移動中やスタバで休憩中などを活用できとても便利です。相方も海外ドラマを毎週10本見るためにおでかけ転送をフル活用しています。すきま時間が有効活用できれば、家で別のことができるようになります。nasneのみなら実売15000円程度です。

■ただし、高額出費するなら後悔は禁止!

主にデジタルガジェットを中心に、「あえて、ボーナスで散財する!」を紹介してみました。

買い物は楽しいことです。お金をどんと使うとやはり気分が良くなります。将来を見据えてお金を貯め・増やすことは大切ですが、あまりギチギチに追い込むばかりではつまらないばかりです。ボーナスの一部は気持ちよく使ってもいいと思います。

ただし、せっかくの高額出費をするわけですから、ここで後悔してはいけません。事前のリサーチはしっかり行いましょう。買い物で得られる満足や欲しい機能をしっかり調べて、価格調査も行うことです。家電量販店の担当者と相談してみることで、疑問がクリアになることも多いので、話し合ってみるといいでしょう。

せっかくのボーナスです。ぜひ有意義に楽しく、使ってみてください。もちろん、何割かは残しておくことをFP的にオススメしておきます。

こちらのレポートもどうぞ!
安いだけで買ってはいけない!節約せずにお金が貯まる「四角流買い物術」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10141 ]
「いつまでも返済が終わらない!」惨事になる前に。FPが教えるクレジットカード・リボ払いの落とし穴 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10394 ]
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]
自然とお金が貯まる! 経済評論家・山崎元が教える、爽やかにお金と付き合う方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10146 ]
お金を上手に増やすなら!いまや社会人の必須アイテム「証券口座」を解説 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10076 ]