全米の公開日が後ろ倒しになった「マチェーテ」続編写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

ロバート・ロドリゲス監督、ダニー・トレホが主演するB級アクション「マチェーテ」(2010)の続編「マチェーテ・キルズ(原題)」が、10月4日に全米公開されることになった。

米Wrapによれば、当初は9月13日の予定で、リュック・ベッソン監督、ロバート・デ・ニーロ主演のマフィア・コメディ「ザ・ファミリー(原題)」や、「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督による大ヒットホラー「インシディアス」続編などのライバル作品と同日公開されるはずだった。しかし、「マチェーテ・キルズ(原題)」を配給するオープン・ロード・ フィルムズが、約3週間後ろ倒しにすることを発表。10月4日全米公開は同作のほかに、サンドラ・ブロック&ジョージ・クルーニー主演のSFスリラー「グラビティ(原題)」がある。

また、オープン・ロード・ フィルムズはシルベスター・スタローン脚本、ジェイソン・ステイサム&ジェームズ・フランコ主演のアクション「ホームフロント(原題)」の全米公開についても、10月4日からサンクスギビングホリデー真っただ中の11月27日に変更した。

■関連記事
ロバート・ロドリゲス監督、ラティーノ版「007」をテレビシリーズ化
チャーリー・シーン、「マチェーテ」続編に初めて本名で出演
R・ロドリゲス監督「フロム・ダスク・ティル・ドーン」がテレビシリーズ化
レディー・ガガ、ロドリゲス監督「マチェーテ」続編に出演 女優デビューへ
アラバマの荒くれ者たちのガンアクション映画「ギャングバスターズ」が公開