NPO学習学協会代表理事 帝塚山学院大学客員教授 本間正人氏

写真拡大

ノリのいい大阪人部下とのつきあいに悩む、東北出身の口下手上司……。ビジネスの現場で県民性の違いに戸惑う人たちは少なくないようです。しかしはじめに言っておきたいのは、「ビジネスでは県民性よりも個人差のほうが大きい」ということ。「○○県人」で一括りにされたくない人もいます。

とはいえ地域ごとの気質の違いは確かにあるようです。「イラチ(せっかち)」な大阪人は信号が青に変わる瞬間、フライング気味に道路を渡ることが統計的にわかっていますし、私の講演で「なに言ってまんがな」とツッコミが入るのも関西です。東北の人はスロースターターだけれども、粘り強いという説も実感として頷けます。

また沖縄の人は「うちなータイム」という独特のゆったりした時間感覚を持っています。沖縄では飲み会が夜9時スタートだったりするうえ、定刻に全員が揃うことはまれ。時間に正確な東京から来た人はイライラするかもしれません。しかしここで大切なのは「郷に入っては郷に従え」の精神。これには理由があります。沖縄の主な交通手段は自動車で道路渋滞が多いため「多少の遅れはお互い様」という文化がある。理解しがたい違いでも、理由を知ればある程度容認できるようになるのです。

それによく観察していると通説とは違う事実が見えてくることもあります。たとえば熊本や鹿児島の女性は男性に従順なようでいて、実は男性を使うのがうまい。女性社長が多い土地柄でもあります。普段から一本気な九州男児と上手に接しているからかもしれません。

このように各地域には意外な事実がありますから、上司が部下の出身地の情報を知ることはコミュニケーションにも役立ちます。鉄道好きな私は初対面の人にはまず実家の最寄り駅を尋ね、そこからご当地の話題を振っていきます。

「岐阜の郡上八幡? あのあたりは1カ月以上続く盆踊りで有名ですよね」というように。この調子で部下に語りかければいいのです。

たとえば富山県は呉羽山を境に呉東と呉西という地域に分かれます。ですから富山県出身の部下に「ご実家は呉東? それとも呉西?」と聞いてみる。土地の人しか知らない知識であればあるほど、部下は「よくご存じですね」と思わず笑ってしまうでしょう。基本はもちろん「ほめる」こと。誰にでも必ず郷土愛はあるからです。自分では「あんなところ……」と思っていても“ふるさと”に注目されるのは嬉しいものです。

ただしここで肝心なのは、「名所・名物の第1位」を話題にしないこと。土佐出身といえば「坂本龍馬」ですが、言われるほうは龍馬の話題などもう飽き飽きしているはず。同じ土佐の志士なら「中岡慎太郎」で攻めてみてください。

また「滋賀県」といえば100人中95人が「琵琶湖」と答えますが、それでは話が弾まない。知名度でいえば2位以下のシブい話題を持ち出すのです。「鮒寿司はおいしいよね」「比叡山は京都ではなくて滋賀との県境にあるんだよね」「そろそろ鳥人間コンテストの時期じゃない?」などなど。

出身地は、その人のアイデンティティを形成している大切な要素です。部下の故郷に詳しいということは「君のことをケアしているよ」というサインになるのです。

また自分が上司として見知らぬ土地に転勤になったときは、自分流のやり方を押しつけてはなりません。上司の命令にしぶしぶ従っても、部下が納得していなければ生産性は上がらない。赴任先で自分と異なる仕事の進め方があっても馴染む努力をするべきでしょう。

東京では皆、エスカレーターの左側に立ちますが、大阪では右側です。「どちらに立つのが正しいか」で議論するより周りを見回して多いほうに合わせればいい。そうした柔軟性を持ちたいものです。

逆に、あなたの部署に、ほかの地域から転勤してきたばかりで周囲になじめない部下がいるなら、祭りや名所案内など土地柄が表れるイベントに連れていって地元の人との交流を図るのがいい方法です。自ら胸襟を開けば心は通い合うようになるものです。

----------

NPO学習学協会代表理事、帝塚山学院大学客員教授 本間正人
1959年生まれ。東京大学文学部卒業後、松下政経塾で松下幸之助の経営哲学を学ぶ。卒塾後、ミネソタ大学から博士号取得。コーチングやポジティブ組織開発、ほめ言葉などの著書多数。

----------

(NPO学習学協会代表理事、帝塚山学院大学客員教授 本間正人 構成=長山清子 撮影=上飯坂 真)