眠れないのはLEDの光が原因? ブルーライトによる"時差ボケ"に要注意!

写真拡大 (全2枚)


最近、あちらこちらで目にするブルーライト用のメガネ。使ったことはないのですが、太陽笑顔fufufu..netの「あなたも"かくれ時差ボケ"かも!?ブルーライトとの上手な付き合い方」の記事を読んでから購入を考えています。

ブルーライトとは、その名の通り"青い光"。青い空を作りだしているのもブルーライトで、太陽の光にも含まれているそうです。省エネルギーが注目され、増えてきているLEDにも含まれているので、LED照明や、スマホやテレビ、パソコンなどの液晶とブルーライトを浴びない日はありまん。そして、浴びる時間帯や長さによっては下記のような弊害もあるそうなんです!

・目のエイジングを早める可能性
紫外線と類似する光であるブルーライトは、目の角膜や水晶体で吸収されずに、その先にある網膜にまで届きます。そのため、視力の低下や加齢性の目の疾患への影響があるとして研究がすすめられています。

・"かくれ時差ボケ"に注意
朝が来ると目が覚め、夜になると眠くなる、人間の身体に刻み込まれたサーガディアンリズムはなんと38億年も前から存在します。しかし、夜にブルーライトを浴び続けると、サーガディアンリズムを整えるのに必要なメラトニンの分泌が大幅に減少してしまいます。結果、時差ボケ状態を引き起こし、不眠などの身体の不調へつながってしまう可能性もあるそう。

しかし、もはや私達の生活とブルーライトとは切っても切れない状態です。そこで太陽笑顔fufufu..netの"ブルーライトとの上手な付き合い方"をチェック!

サーガディアンリズムを守る"ブルーライトとの付き合い方"

・抗酸化食品を摂る
光から目を守る働きや抗酸化作用がある「ルチン」や「アキサンチン」という成分が有効とのこと。ほうれん草や、ブロッコリーなどに多く含まれています。

・液晶画面を白黒反転させる
ちょっと意外ですが、文書作成やメール画面など、可能であれば白黒反転させ、背景を黒にした方が目への負担は少ないそうです。

・目と画面の距離をできるだけ離して
目と画面が近づくほど目への影響も大。無意識に近づけすぎないように注意です。

・ブルーライトカットメガネや保護フィルムを利用する
ブルーライトを浴びる量を軽減するには有効だそうです。

・スマホ・PCの使用は就寝の2時間前までに
イギリスの睡眠センターの研究では、就寝1時間前のメールチェックで、エスプレッソ2杯分もの覚醒作用があるとも言われているほど、就寝前の影響は大です。

・ベッドにスマホを持ちこまない
暗い室内での使用は特に目に悪影響。スマホに依存気味でも、ベッドだけは何とか我慢したいです。

これを読んで、無意識にブルーライトを浴び過ぎていた......と反省しました。ブルーライトと上手に付き合って、快適なサーガデイディアンリズムをキープしたいですね。

[太陽笑顔fufufu..net]

photo by Thinkstock/Getty Images

(若松真美)