亡き父の故郷で先祖の墓参りする川内優輝

写真拡大 (全2枚)

 まさに死にもの狂いだった。6月16日、隠岐の島(島根県)ウルトラマラソン50kmの部。“史上最強の市民ランナー”川内優輝(26・埼玉県庁)が、ゴール長後に過呼吸と全身痙攣に襲われ、酸素吸入器をつけたまま、病院へ搬送された。

 だが、周囲の心配をよそにゴールから2時間半後、川内は島内の共同墓地にいた。実は、隠岐の島は高校3年のとき他界した父の故郷で、先祖の墓参りに赴いたのだ。病院で点滴を2本打ったが、「まだ脹脛(ふくらはぎ)が攣(つ)ってるんです」と脚を引きずりながら急な山道を登り、墓前で神妙に手を合わせた。

「無事、生きて還らせていただいてありがとうございましたって。2年前も今日も、本当に死ぬかと思いました。守られてますよね……。ここは先祖の古里ですから、頑張らないわけにはいかなかった。僕は才能のない分、精神力でカバーするしかない。レースじゃないとここまで追い込めないんです。でも、精神力だけでもダメなので、給水の中身や坂道の走り方を修正して、(8月の世界陸上)モスクワでは6位入賞を目指したい」

 モスクワまであと2か月。次のレースは7月7日のゴールドコーストマラソン。川内の命懸けの夏は、まだ始まったばかりだ。

取材・文■高川武将 撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2013年7月5日号