ジョニデから日本にメッセージ、「ローン・レンジャー」お披露目。

写真拡大

「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作でプロデューサーを務めたジェリー・ブラッカイマーとゴア・ヴァービンスキー監督、そしてジョニー・デップという黄金メンバーが再集結した超大作「ローン・レンジャー」。そんな同作の世界最速お披露目となるワールド・プレミアが6月22日(米国時間)、米アナハイムのディズニー・カルフォルニア・アドベンチャー・パークで開催された。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのプレミアは過去にアナハイムのディズニーランドで行なわれてきたが、ディズニー・カルフォルニア・アドベンチャー・パークで映画のプレミアが行われるのは今作が初の試み。「パイレーツ」シリーズのプレミアを凌ぐスケールのプレミアに、ジョニー・デップをはじめとする出演者を一目見ようと、世界中から約3万人の熱狂的なファンが集結した。そしてこの夏一番の話題作ということもあり、メディアも世界中から約400人が殺到。本作の注目度の高さを証明した。また、実際に劇中に登場した巨大な列車のセットや、ローン・レンジャーの愛馬シルバーも登場し、来場者は「ローン・レンジャー」の世界感を堪能していた。

多くのファンやメディアからの注目と期待を一身に集めたレッドカーペットは500メートルを超え、ローン・レンジャー役を演じるハリウッド期待の新星アーミー・ハマー、冷酷な無法者ブッチ・キャベンディッシュ役のウィリアム・フィクトナー、元恋人レベッカ・リード役のルース・ウィルソン、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、監督のゴア・ヴァービンスキーなどの主要スタッフ・キャストが登場するたびに歓声が沸き起こり、満を持してトント役のジョニー・デップが登場すると、ファンの熱狂は最高潮に。

ハリウッドで最もファンサービスに熱いことで知られるジョニー・デップは、この日も約2時間をかけて丁寧にファンとのふれあいながらカーペットを進んだ。また、アーミー・ハマーも、デップに負けず劣らずのナイス・ガイぶりを発揮。196センチの身長を活かした大きなリアクションで、ファンの声援に応えていた。

本ワールド・プレミアを皮切りに、ジョニー・デップらスタッフ・キャスト一行は、「ローン・レンジャー」のワールド・ツアーに出発。7月17日(水)には、ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、ジェリー・ブラッカイマー、ゴア・ヴァービンスキー監督の来日も決定。

ジョニー・デップは「僕は日本をとても愛しているよ。残念なことに東京以外はほとんど行ったことがないんだ。東京は情報やいろんなものが詰まっていて魅了されるね。僕は昔から三島由紀夫のファンでもあるんだ。京都や、もっと田舎のほうにも是非行ってみたいね」「ヘイ、ジョニー・デップだよ。『ローン・レンジャー』をぜひ観に来てね。僕が好きな映画だから。もうすぐ会いましょう!」、アーミー・ハマー「(以前訪れたときの日本の印象は)人が素晴らしいね、みんな親切でした。文化と歴史もとても興味深いし、日本は大好きな国だよ!」「日本のキモサベたち!映画を楽しんでくれよ!」。

ジェリー・ブラッカイマーは「日本のみんな、会えるのを楽しみにしているよ。日本に行くのが待ち遠しい」、ゴア・ヴァービンスキー監督は「こんにちは!ゴア・ヴァービンスキーです。日本に行くのをとても楽しみにしているよ。映画を楽しんでくれるとうれしいね」と、日本のファンと会える日を楽しみにしている4人のコメントも寄せられた。

映画「ローン・レンジャー」は8月2日(金)全国公開。