フェンディとデコラティブアートの著名デザイナーが空間制作

写真拡大

 「FENDI(フェンディ)」が、デコラティブ・アートの著名デザイナーMaria Pergay(マリア・ペルゲイ)とコラボレーションすることを発表した。2013-14年秋冬コレクションのテーマ「メタモルフォーシス(変形)」を軸に制作された2つの空間作品は、パリのランクロ・デ・ベルナルディーヌで開催される「ADインテリオール 2013」で9月7日から22日までの展示が予定されている。

FENDIがマリア・ペルゲイとコラボの画像を拡大

 「FENDI」とMaria Pergayによるコラボレーションは、パリ・モンテーニュ通りに7月3日オープン予定の新旗艦店の出店をきっかけに実現。コレクションシリーズのタイトルは「FENDI Casa Icons(フェンディ カーサ アイコン)」で、温かさと冷たさ、「ファーの世界」と「スティールの世界」、「(デザイナー自身の)アートの 宇宙」と「FENDIの宇宙」を融合し、現代のデザイン界のトップリーダーたちの創造性を讃えている。

 FENDI会長兼CEOのPietro Beccari)(ピエトロ・ベッカーリ)はMaria Pergayとのコラボレーションについて、「両者に伝わるデザインの遺産を再発見し、強化へと繋がり、同時に長年デザインに情熱を注いできたFENDI CASA(フェンディ カーサ)の目に見える証になると確信しています」とコメントを発表。「FENDI」は今回のプロジェクトを機に、デザインの制作に携わってきた自社スピリットをより強化していくという。