<日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills 最終日◇23日◇宍戸ヒルズCC西C(7,402ヤード・パー72)>
 茨城県にある宍戸ヒルズCC西Cで開催された国内男子メジャー「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」の最終日。首位と1打差の2位タイからスタートし逆転でのメジャー制覇を目指したキラデク・アフィバーンラトとS・K・ホだが、共に1打及ばず2位タイで今大会を終えた。
「ツアー選手権」松山英樹・石川遼のプレーを1打速報で振り返る
 S・K・ホは3日目を終えたところで「このコースはトップであの位置を守るよりも、1歩引いて攻めていく方がいい」と話していた。その言葉通り最終組の一組前でプレーしていたホはスタートでバーディを奪うなど攻めのゴルフを展開していった。12番までに3つスコアを伸ばして首位タイに並びかけるなどまさに狙い通りの展開に持っていったかに見えた。
 しかし12番以降はバーディを奪えず17番ではボギーを叩いて首位の座から転落。結局優勝には1打届かなかった。ホは敗因として「4番ホールの3パットでのボギー」を挙げた。飛距離の出ないホにとっては距離の長いハードなホールが続く終盤でスコアを伸ばすのは難しい。つまり中盤までにスコアを伸ばして首位に立つ必要があったのだが、首位タイまでしか上ることができなかった。4番ホールでボギーを叩いたことが後々まで響いてしまったのだ。
 またアフィバーンラトは序盤から小平智とバーディ合戦を繰り広げるなど積極的なゴルフを展開。ホとまた違った形でメジャー優勝を目指していた。12番を終えた時点ではこちらも首位タイに並びかけたが13番、15番のボギーで失速。距離のアドバンテージを生かして17番でバーディを奪うが、結局優勝には1打届かなかった。
 アフィバーンラトも敗因として「13番ホール、3パットのボギー」を挙げた。15番ホールもボギーとしたがこれはショットで攻めた結果。13番とは性質が異なるボギーと言えた。トータル的には1つのイーグルと3つのバーディを奪うなどいいゴルフを展開していただけに勝負どころでの3パットが勝敗を大きく分けてしまったのだ。
 ホもアフィバーンラトも優勝まであと一歩まで迫りながらもたった1つの3パットで2位タイに甘んじた。また2人以外にも松山英樹が「13番の3パットのボギー」で流れを悪くしてしまったと話していた。そしてその言葉通りそこから失速して7位タイに終わっている。もともとゴルフにおけるパットの役割は非常に大きいものだが、メジャーの舞台、特に終盤の勝負どころとなるととてつもなく大きなものになるのだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>