17番で惜しくもバーディ入らず(撮影:上山敬太)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills 最終日◇23日◇宍戸ヒルズCC西C(7,402ヤード・パー72)>
 “怪物ルーキー”松山英樹はやはり最終日に魅せてくれた。国内男子メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」の最終日、首位と7打差の21位タイからスタートした松山英樹は8バーディ3ボギーの“67”でラウンド。優勝には届かなかったが、7位タイに順位を上げて4日間の競技を終えた。
松山英樹の1打速報で試合をプレーバック!
 「(今日だけで)10アンダーを目指しました」そう話した松山はスタートから多くのギャラリーを熱狂させる。スタートホールで4メートルのバーディパットを沈めると、そこから怒涛の4連続バーディを記録。5番ではセカンドをスタンスの取りにくいバンカーに入れるピンチを招くがここを見事にパーセーブ。続く6番ロングホールでもほぼ2オンに成功し難なくバーディ、わずか6ホールでスコアを10アンダーまで伸ばし優勝戦線に浮上する。
 7番8番とパーを重ねて迎えた9番ホールではセカンドのクラブチョイスを間違えグリーンオーバー。このホールボギーとして一歩後退してしまうが続く10番ロングできっちりバーディ。さらに12番ホールでも7メートルのバーディパットを沈めてトータルスコアを11アンダーまで伸ばしてみせた。
 しかし12番ショートホールで3メートル下りのバーディパットをオーバーして3パット、大事な局面でボギーを叩いてしまう。松山自身も「流れを止めてしまった」とこのホールの3パットを悔やんだ。さらにバーディを取りたい15番ロングでティショットのミスからボギーとしてしまうなど、流れが悪くなり9アンダーまでスコアを落としてしまう。
 それでも「12、13アンダーくらいまでいければ…」と最後の望みをかけて16番でピンをさすスーパーショットでバーディを奪い10アンダーに戻したが、残り2ホールはパー。結局優勝した小平智に4打及ばず7位タイで今季2戦目のメジャー競技を終えた。
 ラウンド後、松山は「いい流れでプレーできました」と1日を振り返ったが、「もっと伸ばしたかった…」と首位をつかまえきれなかったことに悔しさを滲ませた。やはり悔やまれるのこの日唯一の3パットだった13番のようで「思い通りに打ったけど、予想したよりも早かった。9番のクラブ選択もそうですけど、ちょっとした状況判断がダメでした。もっと上手くできないと上にはいけないです」と自身の課題を挙げた。
 またこの日会場には9,397人ものギャラリーが詰めかけ、その多くが松山のプレーに熱い視線を送っていた。それについて「ギャラリーの皆さんが逆転に期待してくれているのはわかりました。できなくて申し訳ないです。もっと良いプレーを見せたかった」と話していた。めざましい活躍を見せる“怪物ルーキー”への期待度は日増しに強くなっているが、松山自身もそれに応えようと懸命にプレーしているのだ。まさしくプロとして成長している証だろう。
 松山は来週の「〜全英への道〜 ミズノオープン」に参戦する予定。「しっかり調整して来週いい状態で臨めるようにしたい。もっと上位にいきたいです」開幕から全試合でベスト10以上に入る活躍も“怪物ルーキー”にとってはまだまだ満足できるものではないらしい。海外メジャー「全米オープン」から国内男子メジャー「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」というハードな日程をこなした疲労は気になるが、来週にはきっちり調整して再び優勝争いに加わってくれるだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、痛恨2OBでスコア停滞「もう少しパターが入れば…」
松山英樹と石川遼がプロとして初めて同組で激突!
松山英樹1打速報で試合を振り返る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング