「快速ザブーン洗浄」なら、容量9キログラムを約35分で洗濯(写真は、「タテ型ZABOON AW‐90SVM」)

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、脱水中に洗濯槽などを清掃・除菌する洗濯乾燥機の新製品、「タテ型ZABOON」AW‐90SVM(洗濯容量9キログラム)とAW‐80SVM(洗濯容量8キログラム)の2機種を、2013年7月10日に発売する。

最大約20%の節電、約10%の節水

抗菌剤「Ag+抗菌ビーズ」を従来機種に比べて約20%増量することで、衣類の抗菌効果が向上。また、抗菌剤入りの「Ag+抗菌水」による洗濯で、衣類の雑菌の繁殖を抑えて部屋干しのニオイを防ぐと同時に、脱水時には洗濯槽と水槽を清掃、除菌する。

さらに独自の「ピコイオン除菌」コースで、水洗いできない革靴やぬいぐるみ、まくら、ニオイが気になるジャケットなどを除菌、消臭できる。

専用コースの「ピコイオンカビプロテクトモード」で、洗濯槽内のカビの繁殖を抑えるほか、糸くずフィルターや風呂水給水ホースの先端部も抗菌加工した「抗菌ビッグフィルター」と「抗菌ふろ水ホース」を装備した。

洗浄効果の高い「快速ザブーン洗浄」は容量9キログラムを約35分で洗濯する。衣類を専用の「おしゃれ着トレー」に載せて洗う新しい「ドライコース」を採用。新コースではパルセーターが衣類に触れないため、衣類のしわや毛玉、型くずれを抑えながら、水流で発生する一面の泡とシャワーが繊維の奥の汚れを浮かして、押し洗いで汚れを落とす。

「ecoモード」は洗濯物の量、布質、温度の3つのセンサー検知で、洗濯中の条件に応じて自動で使用水量、洗剤量、洗濯時間を最適に調整して省エネ運転する。これによって、最大約20%の節電、約10%の節水を可能にした。

操作パネルには、選びやすい「フラットダイヤル」と大型「液晶パネル」を採用。時計機能付きのため、タイマー予約は終了時刻を選び、スタートを押すだけの簡単操作。

なお、「Ag+抗菌水」「段違いメガシャワー」「抗菌ビッグフィルター」、「抗菌ふろ水ホース」などを搭載した、低騒音S‐DDモーター採用の全自動洗濯機「タテ型ZABOON AW‐90SDM」(洗濯容量9キログラム)も同時発売する。

いずれも、オープン価格。