シャイリーン・ウッドリーPhoto by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド&エマ・ストーン共演のシリーズ第2弾「アメイジング・スパイダーマン2」から、メリー・ジェーン・ワトソン役のシャイリーン・ウッドリーの出演シーンがカットされることがわかった。

メリー・ジェーンは、ガーフィールド演じる主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンの恋の相手となるキャラクター。ピーターと、ストーン演じるグウェン・ステイシーに加え、第2弾はメリー・ジェーンとの関係を描くと言われていた。しかし、米ハリウッド・レポーター誌によれば、ウェブ監督はメリー・ジェーンを第3弾に登場させ、代わりに今回はピーターとグウェンの恋愛に焦点を当てることにしたようだ。

ウッドリーが撮影に参加したのは3日間、3シーンのみだったが、ウェブ監督は「シャイリーンは素晴らしく才能のある女優。メリー・ジェーンのシーンはほんの少しだったが、彼女と一緒に仕事をするのはとても楽しかった」と語っている。

一方のウッドリーは、「もちろんがっかりした」と本心を明かしつつ、「でも、私は起こったことは全て必然だと信じている。提示されたプロットを見れば、次回作までメリー・ジェーンを登場させない理由が完全に理解できた」とコメントしている。

米ソニー・ピクチャーズは先頃、シリーズ第3弾を2016年6月10日、第4弾を18年5月4日に全米公開すると発表した。「アメイジング・スパイダーマン2」は14年5月2日から全米公開。日本では1週間早い14年4月25日から公開される。

■関連記事
「アメイジング・スパイダーマン」第3弾、第4弾の全米公開日が決定
NYにエレクトロ出現!「スパイダーマン2」のジェイミー・フォックスをキャッチ
シャイリーン・ウッドリー、ベストセラー恋愛小説の映画化に主演
エロティック小説「Fifty Shades of Grey」映画版にシャイリーン・ウッドリー?
「スパイダーマン2」クリス・クーパーでグリーン・ゴブリンが復活?