結婚後も訪れる一人暮らしの老後

ざっくり言うと

  • 内閣府の調査で65歳以上の一人暮らし高齢者が増加傾向だという
  • 2035年には一人暮らしの2/3が50歳以上になる可能性も
  • 孤立化や孤独死、自殺問題などを防ぐため地域社会やコミュニティが重要になる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング