思わぬ事態に巻き込まれたテイラー・スウィフト

写真拡大

 人気ブランド、アバクロンビー&フィッチが、人気歌手テイラー・スウィフトを嘲笑するTシャツを売り出し、非難が集中して回収する騒ぎが起きているとPeople.comが報じた。


 同ブランドは今年5月、デブにはアバクロの服は着てほしくないというポリシーが明らかになり非難されたばかり。


 問題となったTシャツは、表面に「# more boyfriends than t.s. (テイラー・スウィフトよりもボーイフレンドの数が多い)」とプリントされていた。これを知ったテイラーのファンは激怒し、同ブランドに不満をぶつけたため、同社は店頭からすべてのTシャツを回収したという。


 苦情の電話がかなり多かったようで、アバクロのカスタマーサービスに電話をすると、「テイラー・スウィフトのTシャツについてのお電話ならば、この商品は販売が中止となっていることをお知らせいたします」とのレコーディングが流れてくるほどだ。


 ツイッターによるアバクロの説明はもっとカジュアルで、「スウィフト・ファンのみんな、あのTシャツの販売はやめたよ。僕らはテイラーの音楽が大好きで、彼女は最高だと思っている」とツイートし、事態の収拾を図ろうとしている。(澤田理沙)