<日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills 3日目◇22日◇宍戸ヒルズCC西C(7,402ヤード・パー72)>
 国内男子メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」の3日目。「全米オープン」からの強行日程で今大会に参戦している松山英樹は3バーディ1ボギー1ダブルボギーの“72”と2日目に引き続きスコアを伸ばせず首位と7打差の21位タイに順位を落とした。
石川遼・松山英樹のダブル1打速報でプレーバック!!
 「いい感じでいけそうなところでボギーが出たり…伸ばさないといけないところで伸ばせませんでした」3日目の松山はスタートホールでいきなりバーディ発進。しかし続く2番ロングでは2オンに成功するも3パットのパーとするなどバーディの流れを次につなぐことができない。さらに6番ホールではティショットをOBしてダブルボギーとするなど松山は前半スコアを落としてしまう。
 それでも雷雨による中断の直前だった11番でバーディを奪い、再開後のプレーでも15番でバーディを奪うなど見せ場を作った松山。しかし終盤の17番で今日2発目のOBを打ってしまう。このホールはボギーでおさえることに成功したが、結局この日はスコアを伸ばすことができずスタート時と同じトータル5アンダーでホールアウトした。
 今季の国内男子ツアーで5戦2勝と圧倒的な強さを見せる“怪物ルーキー”松山だが首位と7打差の状態で最終日を迎えることになった。「これだけ離れると厳しいです」と流石に弱気な発言が出ていたが、「ゴルフの手応えは悪くないので、明日は最後まで諦めずに頑張りたいです」とゴルフの状態は決して悪くない。
 「もう少しパターが入ればビッグスコアがきそうな雰囲気はあるので、グリーンのスピードをしっかりつかんでラインを読んでいきたい」ここ2日間はストレスのたまるラウンドが続いた松山。最終日こそは松山らしいバーディラッシュに期待したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
石川遼にとっての松山英樹「とても大きい存在」
小平智、単独首位で最終日へ!“3度目の正直”で初優勝目指す
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング