あまりに長過ぎる名前を女の子につけたユマ・サーマン (c)Hollywood News

写真拡大

セレブに子供が産まれた時にいつも注目されるのが、彼らが名付ける子供の名前だ。今回は、女の子に変わっていてオリジナリティーにあふれる名前をつけたセレブたちを紹介する。

女優のユマ・サーマンは、昨年の7月に婚約者であるスイス人資産家のアルパド・ブッソンさんとの間に生まれた娘に驚くほど長い名前をつけた。娘の名前は、「ロザリンド・アルーシャ・アーカディナ・アルタルネ・フローレンス・サーマン=ブッソン」。長過ぎるとしかいいようがない。ちなみに、ユマとアルバドさんは彼女を「ルナ」と呼んでいるようだが、この名前から「ルナ」というあだ名が出るのも理解不能である。

テレビドラマ「ヴェロニカ・マーズ」や映画『バーレスク』(10)で知られる女優クリスティン・ベルは今年の3月に俳優ダックス・シェパードとの間に第1子を出産した。彼らが子供につけた名前は「リンカーン」。一見普通の名前のようだが、彼らの子供は男の子ではなく女の子。ヒゲをたくわえたアメリカの元大統領であるエイブラハム・リンカーンを彷彿してしまう名前をつけられた女の子の将来が心配だ。

スティーヴン・スピルバーグ監督は女優のケイト・キャプショーとの間に7人の子供がいるのだが、末っ子である女の子には「デストリー・アリーン」という名前がついている。これは1939年に公開されたアメリカ映画『砂塵』(39)の原題である『Destry Rides Again』から取られている。ほかの6人の子供たちには普通の名前がついているに、自分だけ変わった名前のデストリーちゃんは父親のように映画好きに育っているのだろうか?

そして最近になり最も注目されていたのが、キム・カーダシアンとカニエ・ウェストの子供の名前だ。キムはアメリカ時間6月15日に彼らにとって第1子となる女の子を出産したのだが、2人が子供の名前を何と命名するかは出産の前から議論の的になっていた。出産直後には、カーダシアン一家の女性の名前がすべて「K」で始まり、カニエの亡くなった母親の名前がドンダであることから、2人が彼女を「ケイデンス・ドンダ」と名付けたのではないかと言われていた。しかし、ゴシップサイト「TMZ」がアメリカ時間6月20日に入手した出生証明書によると、そこには「ノース・ウェスト」と書かれていたのだ。出産前にも候補の1つとして噂されていた「ノース・ウェスト」は「北西」という意味持つのだが、なぜ自分の娘の名前を方角にしたのかは、まったくもって謎である。【村井 ユーヤ】