いかにも悪そうな主人公ミスター・ブリックスがレンガ石で戦う!/[c]TROMA

写真拡大

B級を遥かにしのぐ超Z級映画の製作で知られるトロマ社がまた強烈作をリリースした。7月2日(火)よりDVDで発売される新作は、謎のマッチョ野郎が大暴れする『ヘヴィメタル・ミュージカル』だ。

【写真を見る】マスクのように見えるが、実は顔面に奇抜なタトゥーを入れている

タイトルからもわかるように、本作はトロマ社らしからぬミュージカル映画。ミュージカルと言えば、日本でも大ヒットを記録した『レ・ミゼラブル』(12)など、ちょっと上品で洒落たジャンルというイメージもある。だが、今や伝説となった『悪魔の毒々モンスター』(84)をはじめ、お下劣映画を大量にまき散らしてきたトロマ社のミュージカルは、ひと味もふた味も違っているのだ。

本作に登場するのは、スキンヘッドで顔面タトゥーの暑苦しいマッチョ野郎。その風貌だけで拒絶反応を起こしてしまいそうなこの男を主人公に、血と暴力とセックスにまみれた超Z級ミュージカルが繰り広げられていく。肝心の音楽は、メタル界の大御所バンド、モーターヘッドが担当し、凶悪かつ暴力的な雰囲気を作り出しているのがまたすごい。

トロマ社がヘヴィメタルの轟音に乗せて贈る超Z級映画『ヘヴィメタル・ミュージカル』。6月23日(日)からは、大阪シアターセブンで一週間限定の劇場公開も予定されている。【トライワークス】