6月22日(土)より公開の映画『100回泣くこと』(主演:大倉忠義 桐谷美玲)で、ヒロインの佳美役を演じられた桐谷美玲さんと、佳美の友人・夏子役を演じられた、ともさかりえさん。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

映画の中では、「年齢は離れているものの絆は誰より深い」という友人同士を演じられていたお二人。今回のスペシャルインタビューでは、それぞれ「20代、30代のステキ女子代表」として、友情や恋愛といった映画に通じるテーマについて、素顔で語っていただきました。

■Q1.女同士の友情について、どう思いますか?

桐谷:『友達とおしゃべりする時間は、素の自分に戻れる大切な時間なんです』

「私がお仕事をしていく中で、どんな時間が一番リラックスできる時間かといえば、友達と一緒におしゃべりをしている時間なんですね。

それは、高校の友達だったり大学の友達だったりするんですけど、仕事をしているときの自分を離れて、普通の23歳の女の子としていられる時間というのを、自分自身すごく大切にしています。そういう人たちには本当に支えてもらっているし、いないとだめな存在なんですよね。

映画の中の佳美と夏子の関係も、ともに支え合っていたりとか、思い合っていたりというところでは、よく似ているな、というように感じていました」

■ Q2.年齢差のある友人関係について、どう思いますか?


ともさか:「年齢差がある関係には、同年代とは違う楽しさがありますよね」

「佳美と夏子に関しては、年齢的にも差があるし、家族のような不思議な距離感の関係だと思うんですけど、同世代の友達っていうのとまた違って、年齢差があるところで生まれる空気感っていうのもありますよね。

私はどっちかっていうと同世代の友達より、年が離れている友達の方が多いんです。且つ相手が上の、おねえさんのお友達がどっちかっていうと多いですね。

同世代の友達は、同世代だからこその安心感だとか、共感できるものもあるけれども、年の差があるところの関係で言うと、尊敬できたりとか、何か吸収できたりだとか、…やっぱり経験値が上だから、もらえるアドバイスだとか、そういうものもあるので、またちょっと違う楽しさがありますよね。」

■Q3.映画の中では、辛い立場に置かれた佳美を夏子が終始心配している状況でした。そのように、実際に大切な友人が辛い思いをしているとき、どう接してあげたいですか?


桐谷:『私だったら、誰かそばにいてほしいと思います』

「相手が話したいなと思っていたら、聞いてあげるけど、そうじゃなかったら、何にも言わずにそばにいると思います。
無理矢理聞いても、あんまりいい気持ちもしないでしょうし、しゃべりたくないときも、あるでしょうし…。
でも、私だったら、誰かそばにいてほしいと思います」

ともさか:『否定も肯定もせず、その状況をわかってほしい、という気持ちを受け止めてあげたい』

「一方通行でこっちがしてあげたいこととか、こっちが思う形だけでは成立しないと思うので、相手が望むことを多くを汲み取ってあげつつ、向き合っていくっていうかんじですかね。

普段は、聞き役に回ることは多いですね。
自分もそうですけど、相手に何か答えを求めるのではなくて、何かもし迷っていることとかがあるんだったら、ただ聞いてほしいとか、ただなんとなく寄り添っていてほしいとか。やっぱり最終的に決めるのは自分なわけなので。
否定も肯定もしてほしくないけど、ただこの状況をわかってほしい、っていう気持ちをそのまま受け止めてあげたいですね」

■Q4.映画の中の佳美という女性は、どんな恋愛観を持っていると思いますか?また、それと自分自身が重なる部分はありますか?

 桐谷:『あたしだったら、連絡しちゃうなぁ(笑)』

「佳美は、自分のことより相手の幸せを考える人だなぁ、と。
自分が(主人公の藤井くんを何年も)待っている立場と言うのはもちろん辛いだろうし、会いたいっていう気持ちを押し殺して、藤井くんのために、って思っていられるというのは、すごいなぁ、と。」

(佳美とご自身が重なる部分というのはありますか?)

「あたしだったら、連絡しちゃうなぁ(笑)
そこまで一途に思い続けられるっていうのは、とても素敵だと思うし、
そうありたいです」

■Q5.佳美のように、一人の男性を、連絡も取らずに一途に何年も待ち続けることができるタイプですか?

ともさか:『バカだなぁ、というか、ありえないですよね(笑)』

「バカだなぁ、というか、ありえないですよね(笑)
リアルに考えたとき、夏子もどっかでたぶん佳美のそういう行動を、まったくもうバカだなー、ってたぶん思っていると思うんです。

でもやっぱりほっとけないし、なんかそういうけなげな姿を見てると、できることがあればサポートしてあげたいなっていう気持ちがあるから、ああやってそばにいると思うんですけど。

そばで見てる人たちは心配じゃないですか。佳美は状況も状況(病を抱えている)だし、というところもあって、周りの大人ははらはらしながら時に舌打ちしつつ 「ちぇっ!もー!」みたいなかんじで(笑)。
でもその純粋さは否定できないし、どうにかできるならやっぱりうまくいってほしい、っていうところで。

でもねぇ、見守るのもやっぱり体力がいるんだなぁと思いましたね」

■Q6.映画の中で、大倉さん演じる藤井くんの料理に、佳美がダメ出しをするシーンがありますが、好きな人が作ってくれたお料理に「まずい」と言えますか?


桐谷:『もうちょっとこういう味が好き』

「ストレートにまずかったは言わないですけど、もうちょっとこういう味が好き、とか、今度一緒に作ろう、とか、言いますね」

ともさか:『手放しでほめます!』

「私は手放しでほめますね!
やっぱり、男子はほめてほしい…ほめられたいイキモノですよね。
その割に、女子のことはそんなにほめないで、否定してくるっていうか、なんかそういうところが真逆でおもしろいなぁって思うんですけどね。

でもねぇ、人は誰しもほめてほしいと思うので。ほめますね。
気持ちは嬉しいじゃないですか、やっぱり。好きな人のごはんを食べられるっていうのは。
とはいえ、育て方が、難しいですよね(苦笑)」

■Q7.もしも、映画のストーリーにあったように「一年間結婚の練習をする」となった場合、特にどのような部分に気をつけて相手を見てみたいと思いますか?


桐谷:『玄関の靴揃えてくれるのかな(笑)』

「えーーー、どうだろう(笑)

私は、一緒に家事とかをやってもらいたいので、ちゃんとそういう風におもってくれるのかなぁ、というか。
細かいこと言うと、玄関の靴揃えてくれるのかな、とか(笑)

でも普段、こう、外で会うだけじゃわからないこととかがたくさんあると思うので、いざ一緒に住んでみたらびっくりすることもあると思いますけど、それを否定するだけじゃなくて、寄り添っていけるならいいな、って思います」

■Q8.「一年間結婚の練習をする」というカップルにアドバイスをするとしたら?


ともさか:『なるほど、そういうやり方もあるんだなって受け入れる』

「どれだけ、受け入れて、許していけるか、みたいなことじゃないですかね。

お互いそれぞれね、違う環境で生活してきて、それぞれのケースもあるだろうし、それをどれだけ共有して、共感しあっていけるかってことじゃないですかね。

意外と生活になると ほんとにささいなことが気になったり、許せないみたいなこととかってあるじゃないですか、なんとなくちっちゃなことでも。

でもそれを、なるほど、そういうやり方もあるんだなって受け入れたりとか、
そういう要素がないとやっぱりきついですよね。
実際、生活ってことになると、恋人同士の頃とは違って、なかなかね(笑)」

■Q9.映画『100回泣くこと』には不安やせつなさが多くちりばめられていましたが、こと恋愛において、そういった気持ちはつきものです。そんな恋愛時の不安解消法は何かありますか?


桐谷:『友達にめっちゃ聞いてもらう(笑)』

「私は友達にめっちゃ聞いてもらうことですね(笑)
話すだけ話して、すっきりするんですよね。
また自分と違った考えとかを聞けると、気持ちも違いますよね」


ともさか:『自分の時間を充実させます』

「私は逆に一切そういったことを人に話せないタイプなので、相談とかあんまりできない方なんです。なので、だいたい事後報告みたいなかんじになっちゃうんですね。

だからあんまり、誰かに聞いてもらって、不安解消するっていうよりは、
自分の時間を充実させたり、みたいな方かなぁ。

恋愛における不安感ってやっぱり、すごく自分の視野の範中で完結させようとするから、余計に悪循環に陥りがちな気がするんですけど、それよりはなんか、自分の趣味だったりとかで一人の時間を充実させる方を選びますね。

不安な時間が多いと、変な余計なこと考えたりとかして、自分で自分の首締めていくみたいな感じじゃないですか。ああかもしれない、こうかもしれない、みたいな。だから、そういう隙をあんまり与えないようにしますね」

■ 後記

外見はもちろん、内面からもキラキラした素敵な輝きを放つ桐谷美玲さんとともさかりえさん。凛として、かつ優しい素顔のお二人を拝見し、一女子として強い憧れの念を抱きました。年代、性格など、それぞれの立場や価値観で「友情」や「恋愛」などについて語っていただきましたが、飾ることない率直なひとつひとつの言葉は、読んだ方の胸にも強く印象に残ったのではないでしょうか。

お二人の今後益々のご活躍と、『100回泣くこと』の大ヒットを、心よりお祈りいたします!!

こちらのレポートもどうぞ!
【恋愛】彼女が"別れ"を決意したくなる、彼のささいな行動10 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14769 ]
モテない人にありがち!? 異性がドン引きする3つのNG行動 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14739 ]
篠原涼子、YOU、安室奈美恵…いくつになってもモテる「チヤホヤ姫」になる方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14549 ]
【恋愛】恋の悩みに即答一発! あなたはどちらのタロットカードにピンとくる? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14443 ]
【恋愛】持ち物、仕草、食…「モテないぽっちゃり」との差は!? 渡辺直美的「モテぽちゃ」になるポイント5 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14226 ]