「PENTAX K-50」(ホワイト)

写真拡大

ペンタックスリコーイメージングは2013年7月5日、防塵・防滴構造を実現したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-50」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格はボディーキットで7万5000円前後とみられる。

最高「ISO51200」の高感度撮影

撮像素子に、23.7×15.7ミリの撮像面積で画像信号の読み出しが可能なCMOSイメージセンサーを搭載するほか、上位機と同等の画像処理エンジン「PRIME M」との組み合わせにより、有効約1628万画素を実現し、最高ISO51200の高感度撮影が行える。

また、81か所にシーリングを施した防塵・防滴構造と、マイナス10度までの動作を保証する耐寒性能を備える。全体的に丸みを帯びた外観デザインとし、手の小さい人でもしっかりと握れる柔軟性のある形状を取り入れた。ぶれを抑えたシャープな画像が得られる独自の手ぶれ補正機構「SR」や、最高約6コマ/秒(JPEG撮影時)での連続撮影機能、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影機能などを持つ。

本体色は、ホワイト、ブラック、ピンクの3種類。サイズは幅129.0×高さ96.5×厚さ70.0ミリ、重量は約675グラム(撮影時)。