桃太郎侍が溺愛する一人娘は、大学時代の門限が午後6時で、男性と出かける際には、1か月前には父に報告するのが親子のルールだった。相手の名前や会う場所に父・高橋秀樹がOKしなければ出かけられなかったという。

 局アナ時代は、親の七光りによるコネ入社と陰口をたたかれたこともあったが、見かけによらない大食いと、とんでもない天然ぶり、そして圧倒的な歌唱力で人気急上昇。この春、フリーに転身してからも引く手あまたの人気者だ。

 そんな高橋真麻(31才)が、今インターネット上の掲示板やツイッター上で猛バッシングを受けている。

<てめえ何様だよ>

<その面でよくも他人の容姿のことをとやかく言うたな>

<言い過ぎw理屈っぽくてきもい>

<黙れ>……

 問題となったのは6月11日放送の『キャサリン三世』(フジテレビ系)での真麻の発言だ。番組では、結婚したい女・真麻が、観月ありさ(36才)や黒谷友香(37才)、友利新(35才)らと一緒に、一般イケメン男子の見た目をぶった切るという企画だった。

 ちなみに男子のコーディネートは、おしゃれ番長との呼び声が高い、きゃりーぱみゅぱみゅ(20才)とピースの又吉直樹(33才)が担当した。

 トップバッターの男性は、オックスフォードシャツに白のスラックス、足元はデッキシューズといった爽やかファッション。しかし真麻は持っていたゴヤールのビジネスバッグが気に入らなかったようで「なんかちょっといけ好かない感じ」と一言。

 続いて中盤で、黒いハットにベスト、流行の短パン姿の彼を見て、真麻は「こういう人、実生活で見たことないです」とピシャリ。

 最後に登場した白シャツに水色の短パン、首元にベージュのストールを巻いた男性に対しては辛辣な言葉のオンパレード…。

「普通。普通だけど、頑張ってみましたストールって感じ。でも、頑張ってそれ?って感じしますよね?」

「なんかちょっと“イタイ素人”って感じ。素人が頑張るとこうなっちゃうんだなぁ〜みたいな」

 そんな彼女の毒舌ぶりに、きゃりーも又吉も「ひどい!」(又吉)、「むちゃくちゃなこと言ってる」(きゃりー)と不愉快な思いをあらわにしていた。

 そして不快な思いを抱いたのは共演者ばかりでなく、視聴者も同様で、前述した通りネットで猛批判が相次いだのだ。

女性セブン2013年7月4日号