今週、ゲームは『The Last of Us』『さよなら 海腹川背』『神次元アイドル ネプテューヌPP』などが発売。映像作品では『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』をはじめとした春アニメ第1巻のBD&DVDや、「TVアニメ『ゆるゆり』ライブイベント3 七森中♪ふぇすてぃばる」が、CDは寿美菜子やELISAの新譜、earthmindの1stアルバムがリリースされた。フィギュア&模型は「不知火舞」「ナディア【リニューアルVer.】」が登場している。

ソニー・コンピュータエンタテインメントから20日、プレイステーション 3専用ソフト『The Last of Us』が発売された。謎の寄生菌によるパンデミックの発生でアメリカ合衆国政府は崩壊。それから20年後の廃墟と化した都市を舞台に、中年男・ジョエルと14歳の少女・エリーが、荒廃したアメリカを旅していくサバイバルアクション。インフェクテッド(感染者)や他の生存者たちと自らの身を守り生き延びるために戦いながら、少しずつ生まれる二人の絆。その果てに待つものは? メーカー希望小売価格は5,980円。

アガツマエンタテイメントから20日、ニンテンドー3DS専用ソフト『さよなら 海腹川背』が発売。1994年12月にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたシリーズの最新作で、オリジナルスタッフが再結集して制作されている。ゴムのように伸び縮みするロープが付いたルアーを壁や天井に引っ掛け、ロープの弾力性を利用して、道なき道を進み、邪魔するサカナを釣り上げながらゴールを目指すステージクリアタイプのアクションゲーム。今作では主人公の海腹川背さんのほか、キャラクター特性の違う小学校時代の川背さんこと川背ちゃん、川背ちゃんの友達・江美子ちゃん、そして川背さんの子孫であるノッコさんこと横山埜鼓(のこ)が参戦し、ゲームの幅が広がっている。メーカー希望小売価格は4,980円。

コンパイルハートから20日、PS Vita専用ソフト『神次元アイドル ネプテューヌPP』が発売された。プレイヤーの目的は、ゲイムギョウ界のプロデューサーとなり、選択した四女神の1人をゲイムギョウ界のアイドルとして育て、ワールドシェア1位を目指す、ねぷねぷADV。シミュレーションパートで毎日の女神の活動を選択、イベントパートでキャラクターたちとの様々な会話イベントを楽しんだ後は、ライブパートでライブを行い、女神たちの信仰(シェア)を集めていく。限定版には、葉生田先生描き下ろし漫画やシチュエーションCD「女神に○○されたいCD」、特製携帯スタンドを同梱。メーカー希望小売価格は限定版が8,379円、通常版が6,279円、ダウンロード版は5,300円。

角川ゲームスから20日、プレイステーション・ポータブル専用ソフト『ロウきゅーぶ! ひみつのおとしもの』が発売された。慧心学園で行われる1週間の秋合宿を舞台に、主人公の長谷川昴がみんなと親交を深める「練習・自由時間」と「おとしもの」を返却する「返却ミッション」の2つで構成されたロリスポ ステルス アドベンチャー。何の因果か次々と集まる「おとしもの」をすべて返却し、秋合宿を無事終わらせることがゲームの目的となっている。限定版には、オリジナルアニメDVD「智花のいちごサンデー」を同梱。メーカー希望小売価格は限定版が10,290円、通常版が6,090円、ダウンロード版は5,040円。