六本木でハリー・ポッター展 ホグワーツの世界観を再現

写真拡大

 世界で200万人以上の来場者数を集めている展覧会「ハリー・ポッター展」が、6月22日から六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催される。映画の舞台を再現した空間に、ホグワーツをイメージした精巧なセットをはじめ、ハリーの丸めがねや魔法使いの杖といった映画で使用された本物の衣装や小道具などが展示される。会期は9月16日まで。

六本木でハリー・ポッター展の画像を拡大

 「ハリー・ポッター展」は、2009年4月にシカゴで行われたワールドプレミアを皮切りに、ボストンとトロント、シアトル、ニューヨーク、シンガポールを経て日本に上陸。 六本木の「ハリー・ポッター展」は約1,400平方メートルのスペースに、「グリフィンドールの談話室と寮」「薬草の教室」「禁じられた森」など作品の人気場面を再現したセットを多数揃え、数百点の展示品が登場。実際に座ることができる「ハグリッドの小屋」の巨大な肘掛け椅子や、ボール投げを楽しめる「クィディッチ」のコーナーなど、体験型の展示も用意する。

 6月20日には内覧会が開かれ、女優の大地真央とタレントのテリー伊藤、子役の谷花音の3名が出席。同展を見て、テリー伊藤は「皆さん、長い間、本や映画を通して作品を見てきたかと思いますが、それぞれの思い出をリアルに見ることができるんです。衣装や魔法の本が、本当にきめ細やか なところまで作りこまれているんです」と話した。

■ハリー・ポッター展
 会期:2013年6月22日(土)〜9月16日(月・祝)※会期中無休
 時間:10:00〜22:00(最終入館は 21:00)
 会場:森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ)
 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
 http://www.harrypotterexhibition.jp/