フランス映画祭開幕!

写真拡大

フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2013」が6月21日開幕。団長を務めるナタリー・バイを始め、フランソワ・オゾン、ジャック・ドワイヨン、ルー・ドワイヨン、リュディビーヌ・サニエ、デボラ・フランソワら計18人のゲストが来日した。

悪天候の影響で、一部ゲストの飛行機が遅れるというハプニングに見舞われたが、最終的に全員無事セレモニーに駆けつけることができ、大きな拍手で映画ファンから迎えられた。バイは「東京に来られたことに感動しています。日本の皆さんがフランスの映画をあたたかく迎えてくださることを私は知っています。この映画祭でいろんな映画が紹介され、感動したり、気に入ってくださることを切に祈っています」とあいさつした。

ユニ・フランスフィルムズ会長のジャン=ポール・サロメ氏は「皆さんがこの4日間の間に多様性豊かなフランス映画を発見してくださることをうれしく思います。コメディ、アニメ、作家主義の映画、娯楽映画があります。そうした映画のすべてが現在のフランス映画を体現していると思います」とラインナップを紹介。このような多様性が可能なのは、「ヨーロッパ、フランスでは映画の文化的例外保護政策がある」と説明した。

同映画祭は、1993年から毎年開催されおり、今年で21回目。有楽町朝日ホールをメイン会場に、短編やアニメーションを含め14プログラムを上映。関連イベントも開催される。

「フランス映画祭2013」は24日まで。

■関連記事
フランソワ・オゾン監督が来日! キャリア、代表作を語る
【コラム】旬の話題作がずらり 今年のフランス映画祭の見どころは?
フランス映画祭2013開催決定! 団長ナタリー・バイが来日
【コラム】良作ぞろいの2013年カンヌ映画祭 現代社会を反映する同性愛や暴力描く作品も並ぶ
フランス映画祭オープニングはオゾンの最新作 J・ドゥミの「ローラ」修復完全版も上映決定!