不本意なラウンドの森田明日から盛り返せるか!(撮影:福田文平)

写真拡大

<ニチレイレディス 初日◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(6,584ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ニチレイレディス」の初日。今大会優勝なら史上最速での年間獲得賞金1億円突破となる森田理香子だったが、この日は3バーディ・5ボギーの“74”を叩き2オーバーの53位タイと出遅れた。
ニチレイレディス優勝者予想で女子プロサイン入りパネルが当たる!
 森田は「練習場ではよかった」と自信を持ってスタートするも、1番のティショットから左に引っ掛けると、その後もティショットが安定せず苦しいゴルフを強いられた。「自分ではなんで曲がっているのかわからないほど、調子が良かったけど…」と改善ポイントがつかめないままズルズルと後退し「アプローチもパッティングも思ったところに行かなかったので、今日は最悪です」と肩を落とした。
 それでも、最終18番でバーディを奪ったことで、わずかながら浮上の光も見えた。ここからは上に上がっていくのみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
金田久美子、首位タイ!涙の敗戦を力にかえて
木戸愛、1打差3位タイも不用意なボギーを反省
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアー情報も配信中
各ツアーの賞金ランキング