オリエンタルランド初の演出も! 東京ディズニーランド&シーの新プログラム

写真拡大

オリエンタルランドは6月19日、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーにおける新規エンターテイメントプログラムの導入について発表した。

東京ディズニーランドでは2014年春〜夏(予定)に、プロジェクションマッピング技術を駆使したエンターテイメントプログラム「ワンス・アポン・ア・タイム」を新規導入する。プロジェクションマッピングの導入は、東京ディズニーリゾートのエンターテイメントプログラムでは初となる。

公演場所はシンデレラ城。「美女と野獣」、「シンデレラ」、「不思議の国のアリス」といった数々のディズニー映画が、ディズニーの名曲やパイロ(ステージ用の花火)などの特殊効果とともに、プロジェクションマッピングにより立体的に映し出される。公演時間は約15分。

東京ディズニーシーでは、2015年春(予定)にアトラクション「マーメイドラグーンシアター」を全面リニューアル。ディズニー映画「リトル・マーメイド」をテーマにした新しいミュージカルショーを導入する。

リニューアルにより、ステージや照明などこれまでの舞台装置が一新されるほか、客席の後方には映像を映し出すスクリーンも新たに登場する。トリトン王が開催する音楽コンサートをテーマに、アリエル、フランダー、セバスチャンなどのキャラクターたちが、歌や音楽、ダイナミックなパフォーマンスを行う。公演時間は約15分。

なお、現在マーメイドラグーンシアターで公演しているミュージカルショー「アンダー・ザ・シー」は、2014年4月6日をもって公演を終了する。

(C)Disney