出産前のキム・カーダシアン (c)Hollywood News

写真拡大

リアリティースターのキム・カーダシアンの娘の名前を巡って噂が飛び交っている。

キムは恋人で歌手のカニエ・ウェストとの間に現地時間15日、ロサンゼルスの病院で第1子となる女の子を出産した。女の子はキムにそっくりだという。

そして、現在キムの娘の名前を巡ってさまざまな報道がされているのだ。全米で有名なカーダシアン一家の女の子にはアルファベットのKからはじまる名前が付けられており、キムは自分の娘にもKからはじまる名前を付けたと言われている。イギリスの「ミラー」紙はキムの娘は「カイデンス・ドンダ・ウェスト」と名付けられたと伝えている。ドンダはカニエの母の名前である。

しかし、米ゴシップ誌「Usウィークリー」はキムとカニエがKの付く名前を付けず、「ノース・ウェスト」と名付けたと伝えている。ノースは北を意味し、カニエの苗字であるウェストは西を意味している。関係者はミドルネームはないと明かしており、「彼ら(キムとカニエ)は彼女のことをノリと短くして呼んでいますよ」と語っている。すでに出生証明書には「ノース・ウェスト」と書かれているとゴシップサイト「TMZ」は伝えており、ノースちゃんで間違いないようだ。

キムとカニエの娘は現在注目の的。2人から正式な報告はないが、娘の名前は本当に「ノース・ウェスト」なのだろうか?【馬場 かんな】