公開計量前、頬がこけている小見川道大だ(C)MMAPLANET

写真拡大

韓国ウォンジュ市チアク体育館大会で22日(土・現地時間)に開催されるRFC12。同大会でスタートするRFCフェザー級王座決定トーナメントに、日本から小見川道大が出場する。

韓国ナンバーワン・フェザー級ファイターといわれるクォン・ベヨンを相手にアジアンMMA初陣を迎える小見川。試合を翌日に控えた――現在の心境を語ってもらった。

――昨夜、韓国入りを果たした小見川選手ですが、米国への遠征と比べて、移動の負担の方は?

「楽ですね。飛行機に乗っている時間も2時間ですし、逆に空港について開催地までのバスの方が長いぐらいでした。ただ、ホテルの回りに何もないのが、ちょっと困っています(笑)。それぐらいですね、まだ着いたばかりだし、ずっとホテルにいるだけだし、不便さは感じないですよ。とにかく米国と比べると、時差がないのも大きいです。時差って、年とともに厳しくなりますからね」

――街中にはこれだけの規模で、サウナのあるホテルがないという話を聞きました。

「でも、サウナは夜の10時で閉めるからって、30分しか使うことできなかったですよ(笑)。締め出しを食らって、僕はまぁいいけど、横でアームバーキムがもう死にそうな顔になっていて……。ヘロヘロになっているような韓国人選手たち、ロビーでもいましたよね(笑)」

――試合直前になりましたが、クォン・ベヨンの印象を教えてもらえますか。

「フィジカルが強いのと、僕と似ていて柔道を使うスタイルですね。それと気持ちが強そうですね。前の試合から1年以上離れているようですが、そんなに変わっていないと思います」

――本人とは顔を合せましたか。

「ホテルでチラッと。背は僕より高いですね。顔は強そうでしたけど、背が高い分、ヒョロッとしていましたよ(笑)」

――なるほど(笑)。では、5分×2Rの試合タイムに関しては?

「ここで2Rの試合が与えられたのは、自分に課された試練だと捉えています。自分はスロースターターでやってきた分、試合開始直後からしっかりと攻めろということだと思っています。2Rで決着がつかなかった時は、延長があって結局は3Rを戦うわけじゃないですか。1Rからガンガン飛ばしても、3Rを戦い切ることができるスタミナはつけて来ています」

――スタミナの強化に、重点を置いてきたということですか。

「そうですね。逆にスパーとか普通の練習を減らしても、フィジカルをやってきました。スパーを減らしたのは、ケガをしないようにしたかったのもあります。ホント、問題なく仕上がっています。これまでで、一番良い仕上がりだと思います」

――そのフィジカルのトレーニングをすることで、力の使い方という部分を考えるようになったと以前、言われていましたが、そこも伸びてきた感覚がありますか。

「あまり変わっていないですけど、そういう部分では少し理解できたような気がします。一朝一夕でできるものじゃないので、意識しながら練習してきました。抜いたり、入れたり、力の使い方を意識するようになったのでメリハリをつけて動くことができるようになりました。だからコントロールできていると、スパーをしても疲れなくなりましたね」

――小見川選手は練習でやられないじゃないですか。だから、自分の嫌な態勢にそれほどならない。そこで実戦で、よもやという態勢になったことを頭に入れて練習する事はあるのでしょうか。

「そこは大きな選手と練習したりして、想定はしていまいた。MMAでもボクシングでも。だから、万全を期して韓国にやってきたので、明日はしっかりと頑張ります」

■RFC12 対戦カード

<RFCバンタム級王座決定戦/5分3R>
イ・ギルウ(韓国)
ソン・ミンジョン(韓国)

<ウェルター級/5分3R>
ペ・ミョンホ(日本)
アンドリュース・ナカハラ(ブラジル)

<RFCフェザー級王座決定T1回戦/5分2R>
小見川道大(日本)
クォン・ベヨン(韓国)

<49キロ契約/5分3R>
吉田正子(日本)
セリーナ(ノルウェー)

<ミドル級/5分3R>
イ・ドルヒ(韓国)
川村亮(日本)

<ライトヘビー級/5分3R>
キム・ジフン(韓国)
野地竜太(日本)

■Young Guns08 対戦カード

<バンタム級/5分3R>
イ・ユンジュン(韓国)
大塚隆史(日本)

<RFCフェザー級王座決定T1回戦/5分2R>
梅田恒介(日本)
キム・チャンヒョン(韓国)

<RFCフェザー級王座決定T1回戦/5分2R>
キル・ヨンボック(韓国)
キム・ウォンギ(韓国)

<RFCフェザー級王座決定T1回戦/5分2R>
フバート・ジェヴァン(オランダ)
チェ・ムギョム(韓国)

<RFCフェザー級王座決定T補欠戦/5分2R>
ホ・ユン(韓国)
チョ・ビョンオク(韓国)

<バンタム級/5分2R>
キム・ソンジェ(韓国)
ハム・イムン(韓国)